モトカレマニア(8話)無料で配信動画をフル視聴【見逃し】

動画配信情報

8話の見放題配信(全話無料)

各動画配信サービスはお試し期間があり、この期間を利用すると無料で見放題可能。期間内に解約すれば、一切お金はかからない。

FODプレミアムは1ヶ月間無料で利用可能!

  1. 無料お試し期間は1ヶ月間(amazonカウント)。
  2. 期間内に解約すれば一切お金はかからない。
  3. お試し中に1,300円分のポイントが貰えて、レンタル動画を無料で借らりれる。
  4. 雑誌100種類以上が読み放題できる
  5. 電子マンガを20%OFFで購入可能。

だから、今ならFODプレミアムのお試し入会はかなりお得なんですよ♪

FODプレミアム
無料見放題はコチラ

8話の見逃し配信(12月12日まで)

見逃し配信サービスは無料視聴できますが、「放送から1周間以内」「視聴中のCMが多い」というデメリットも。

8話の展開予想

結婚を意識したマコチに張り切りすぎるユリカのかけ離れた力の入れようがスレ違いのキッカケとなり、更にマコチの良さに惹き付けられた桃香がマコチを落としに掛かる展開が加わり、山下と別れたむぎは上手くいきそうなユリカとさくらの幸せを無意識で妬んでイヤな言葉を吐いてしまう波乱の展開を期待しています。
ユリカはマコチの結婚したいという気持ちが変わらないように必死で尽くし始めるようだけど、マコチはなんだか重たく感じているようだったので心配です。しかも、桃香がマコチとのことをSNSで匂わせするということなので、まさかのライバル出現かとドキドキします。
やっとユリカとマコチが両想いになって、いい感じだったのに桃香さんがなんかマコチに忍び寄ってるシーンがあって、もしも人の幸せが憎いと思って、ユリカに近付いて幸せ怖そうと思って再会したのであれば、桃香さんは最低な人だと思います。
今話題の匂わせ女子の登場で、真はユリカを受け入れ始めているのに、SNSをみて勘違いをしてしまうユリカと、鈍感でことに気付くことが出来ない真はまたすれ違いが起こってしまうのではないかと少し不安になりました。せっかく職場でもひろ美にも真を認めてもらい、部屋さがしまで始まろうとしているのに邪魔が現れ、そんなにうまくはいかないような気がしました。全く相手にしない真なのにも関わらず、なにを目的で匂わせ女子は動くのか気になりました。そして、さくらの恋愛はどう進み、小説はどう進んでいくのか幸せになれば小説は成り立たないのではないかと思いました。元彼マニア卒業するのではないかと思うシーンもあったので、ユリカと同様さくらの恋愛も見どころです。
山下とむぎとは違い、結婚に向かって進んでいくユリカとマコチ。しかし、その幸せを邪魔しようとする匂わせ女子の桃香にユリカが振り回されることになると思います。桃香すがどうしてこんなことをするのかが気になりました。桃香によって2人の仲が悪くならないことを祈ります!

8話の感想・考察(ネタバレ)

ユリカの妄想、また始まる。

一緒に暮らし出したマコチとユリカ、お互いに現実の生活となったことで戸惑っていると感じた。
久しぶりの妄想の世界、二人は別人が現れ色々なことが頭の中でグルグルしているようだ。

さくらの所に白井が酔って泊まり恋愛に発展しそうな予感、山下は仕事が認められ新たな明るい兆しを感じてきた。
山下と麦は好きで別れ、お互いの仕事のために別れたことで、これからもずっと引きずって行くような予感がした。
最後の別れのシ-ンはやはり悲しい気持ちになってしまった。

マコチと桃香の関係を怪しむユリカ、相談をしているようなそぶりをしていた桃香に腹がたった。
ユリカが誤解してマコチが弁明したが、ユリカの気持ちが分からなくやはり恋に恋をしていると思った。
しかしそれは元夫への見せしめとわかり安堵感にスッキリ、上手く騙された~。

マニアの面白さを貫いて欲しかった。

幸せが溢れ出す期待感が高まるユリカとマコチの交際が始まり、それぞれの思い考える事を色々な人格があれこれと話し出す展開に面白さが見られていく流れになると思わせる演出でしたが結局は冒頭だけで終わってしまい、会話のほとんどが新しい年号の令和とは不釣り合いな、昭和の時代に作られていた恋愛ドラマそのもので、出演者や現代的な素敵な建物の雰囲気とはかけ離れた重々しさばかり恋愛話には疲れ果ててしまいました。
特に山下とむぎの恋愛設定は酷いとしか思えず、むぎ自身の恋愛が上手くいかない事からさくらやユリカを不幸に引きずり込む言葉を放ち、山下もモトカノマニアと豪語していた部分は全く見られず単なる失恋した暗い人物設定と成り果て、ユリカの妄想力を生かせそうな場面も普通の恋愛ドラマとなった上に台詞をよく聞くと暴言に思えてしまう所からも、タイトルのマニアという設定が生かしきれていない所が残念に思いました。

マコチへの思いは恋か執着か。

幻想ユリカたちの話し合いもあってマコチへの押しの強さが目立っていたように思います。
マコチは意気込み抜群でそんな気負う?と思ってしまう感じもありましたがしっかり「欲しい言葉」も言ってくれていてがんばろう精神が見られててよかったです。
むぎの「執着」「癒着」の表現がぴったりでした。
ドキッとしているユリカだったけど私は完璧さくらよりユリカに合ってる言葉だったと思いました。
それにひろ美の問いに答えられないユリカにはっきり今のマコチに対する思いが出ていたと思います。
はっきりさせた方がいいとむぎの問い詰めにさくらの駒込の子供の話は「だから何?」的な微妙な言い訳にしか聞こえなかったです。
さくらと駒込の2人の間に駒込の子供は関係ないし…としか思えなかったです。
基本テンション低めなさくらなので高めな白井は明るくしてくれそうだなぁと感じました。
ロマンチスト過ぎる白井も笑えました。
温泉で出会った3人組のおばちゃん達は何故出てきているのかも分からなかったけどなんか楽しかったです。ユリカを混乱させているだけにも思いましたが「沼にハマる」例えが上手い。暗い気分の時に話したら楽しくなりそうな方々で、たまに会うのもいいかもです。
山下は「モトカノマニア」と言っていたけどお互いが別れることを決めているので未練は凄く感じてもマニア感は出てないように思いました。
千鶴の告白とかバス停での別れのシーンはしっかりラブストーリーを見てるみたいでした。
料理上手な山下らしいお弁当に思いがこもってて切なかったです。
振り向くタイミングが違っていたらもう少しいい別れ方ができたのかなとも思ってしまいます。
桃香の匂わせ行動はユリカへのものではないと何となく予想出来ました。
でもフォロー中のユリカを確認するところが意味深で何を考えてるのかなと思ってしまった場面です。
完璧巻き込まれたマコチが可哀想でした。
マコチのユリカに対する思いは「今」なのに「過去に執着してる」と本人に言うのは酷だなと感じてしまいました。

匂わせ女が怖すぎ!

やっと両想いになって嬉しいはずのマコチとユリカの前に現れた匂わせ女・桃香!匂わせ方がエグかったですね!SNSに投稿している写真にさりげなくマコチを入れてくる辺り、彼女としては気になって当たり前です。何度も大した用事でもないのにマコチを呼びつけ、最後は個展の準備まで手伝わせるなんて!自信を失くしたユリカを社長が元気づけマコチのいる個展先まで行かせるものの、そこには桃香がマコチの肩にもたれかかっている様子を見てしまい、、。このシーン、すごくドキドキしました!私だったらその場で泣いてしまいそう!帰ってきたマコチに問いただすものの、自分の気持ちが分からなくなってしまうユリカを見て可哀想で仕方なかったですね!本当ならば両想いになってウキウキできる状況だったはずなのに、、、。マコチも旦那と別れたばかりの桃香に同情するのは分かりますが、男と女なんだから肩に持たれかけられても押し返さないのはどうなんだろう?と思いました!

切ない・・・

今回の放送では、それぞれの恋が上手くいかなくて切なさでいっぱいになりました。中でも、山下とむぎの別れは本当に切なくて、どうして別れなくてはいけないんだろうと悲しくなりました。仕事と恋の両立は出来ないんだな・・・という現実に目を背けたくなりました。そして、ユリカとマコチの恋も上手くいかなくなってしまったのにもビックリしました。むぎの「上手くいかなかった恋への執着」という言葉がユリカは自分にも当てはまると感じてしまったからだと思います。どうしてこの2人はいつも上手くいきそうなところでギクシャクしてしまうのか、見ていてイライラしてしまいました。ずっと忘れなかったマコチとようやく付き合えることが出来たのに、好きかわからないなんてマコチがとても気の毒で仕方ありません。