グランメゾン東京(6話)見逃しフル動画を無料視聴【配信済み】

動画配信情報

6話の見放題配信(全話無料)

各動画配信サービスはお試し期間があり、この期間を利用すると無料で見放題可能。期間内に解約すれば、一切お金はかからない。

paraviは30日間無料で利用可能!

  1. 無料お試し期間は30日間。
  2. 期間内に解約すれば一切お金はかからない。
  3. お試し中に500円分のポイントが貰えて、レンタル動画を無料で借らりれる。

だから、今ならparaviのお試し入会はかなりお得なんですよ♪

paravi
無料見放題はコチラ

6話の見逃し配信(12月1日まで)

見逃し配信サービスは無料視聴できますが、「放送から1周間以内」「視聴中のCMが多い」というデメリットも。

6話の展開予想

次回は、やっと軌道に乗り始めたグランメゾン東京の、三ツ星をかけた戦いの幕が下ろされるのです、レストランの人気争いが行われることになるのです、そしてライバルのレストランには、グランメゾン東京を手伝ってくれていた料理人が参加しているのです。真剣勝負の味の戦いが始まるのです。
祥平がgakuのお店に行くことになり、グランメゾン東京と本格的に競い合うことになり面白くなってきそうだ。
gakuのオーナ-江藤が、芹田に内部情報を流すようお金を渡していたことが、尾花にバレ芹田はお店を去る。
次回は魚料理の考案に入るようですが、gakuからコンタクトを受けていた芹田が罪悪感から店を辞めようとしてしまうみたいですね。彼が何かしたわけでもないのに、いつも周囲のゴタゴタに巻き込まれてしまう様子は見ていてかなり気の毒でした。これは辞めさせちゃいけませんよね。尾花はまた表面上は冷たい事を言って突き放すのでしょうけど、京野や倫子がしっかり動いて芹田の悩みを解決してあげてほしいです。
トップレストラン50のトップを狙い倫子に尾花たちのグランメゾン東京のメンバーたちは新しいメニュー作りに取り組み出来上がる度に、ライバル店のgakuの丹後と平古たちが同じようなメニューを御披露目するために作り直す事が続き、裏切り情報を流す芹田は諦めずに何度もメニューを考える尾花たちに感化され開眼する展開を予想しています。
アレルギー事件の犯人は、弟子である祥太であったという真実がわかったので、グランメゾン東京へ加わって一緒に仕事をしていくのかと思いきや、ホテルを辞職した祥太は、ライバルレストランであるgakuに引き抜かれ、ライバルの仲間入りとなってしまうが、その経緯と今後のやりとりがたのしみである。

6話の感想・考察(ネタバレ)

芹田の焦り

祥平がgakuのお店に行き、トップレストラン50で東京グランメゾンと競い合うことになり、尾花と互角の腕が試されることになりそうだ。
尾花には敵も多く、ホ-ルスタッフの栞奈が加わりまた新しい敵が現れ何をするのか気になった。

芹田が焦っている様子が伺わられ、勝手に鰆を裁き、賄い料理を作り必死に自分をアピ-ルするが、全て裏目となってしまい思わぬ手段に出てしまったのが残念だった。
gakuのシェフに鰆のレシピを渡した芹田だが、見て書いたレシピで作った料理と、尾花が作った感覚の料理は誰にも真似が出来ないと知り安心した。
お店を辞めると行って出て行った芹田を、上手くかばう京野の気持ちを感じ寄り添う姿が上手いと感じた。
もう一度芹田が賄いを作り、皆から認められ良かった。

芹田を叱りつつも彼の努力はしっかり見ていた尾花

芹田の努力と奮闘が描かれていく第6話でしたが、確かに彼だけが料理初心者で周りは超凄腕揃いという状況ですから焦りもしますよね。ただ、それはもちろん周囲の人達もきちんと分かっていたわけで。尾花は「努力するなんて当たり前だ」と言っていましたが、その芹田の努力する様はしっかりと把握していました。そして彼に一度お客様としての立場を体験させる事で問題を解決。何だかんだで仲間想いな尾花ですよね。大きなミスもあったとはいえ芹田が真剣だったことは理解しているからでしょう。レシピ横流しの件だってあっさり笑い飛ばしますし。あれは流石に激怒するのではないかと私は思っていましたが、逆にレシピの方がどうでも良かったというのは意外です。レシピだけあっても再現できる調理技術が無ければ意味が無いんですね。確かに言われてみればその通りなのですが、gakuが再現できない事からグランメゾン東京の面々の凄さが改めて伝わってきます。まあ逆にgakuのレシピをグランメゾン東京で再現する事も不可能に近いのかもしれませんが、この両者のグランプリ対決がどういう結果になったのか楽しみですね。

料理の味を決めるのは様々な知識と技量がいる。

凄腕のシェフである丹後を雇うgakuのオーナーの江藤の役割はもっと腹黒い裏工作をしてくる展開を期待していただけに、前回の陥れる工作と同様にアマアマさの半端ない行動は呆れてしまい、このドラマのオモシロキャラクター的な設定なのかなと思ってしまう程にあの言葉は一発ギャグにしか思えず、なるほどと感じただけで笑える程の力はなかったなと思いました。
包丁の多種多様に存在する意味がこんな理由があったとはと感心させれドラマとはいえ学ぶ事が多いドラマだなと思いましたが、フレンチ修行を全くしたことがない芹田の甘い考え方に行動には呆れるばかりでしたが、芹田の経歴を知っている尾花たちなのに食材を無駄にしない方法を全く教えない行動にも呆れてしまい、なんだかどっこいどっこいのような感じを受けてしまいました。

見習い君の改心

今回は、ライバル店のスパイの見習いくんがメインの回でしたが、想像以上の根性とやる気を見せてくれてすごく驚いた!当初は適当なアルバイトくらいのイメージだったのに…!尾花の対人スキルのなさが色んなトラブル引き起こしてる気がしていて、尾花の対応次第でそもそもスパイ事件も起きなかったんじゃないかなって素直に思っちゃうけど、いつも最後の最後で、尾花のカッコいいセリフでその不快感を解消してくれるのが地味にスッキリする。レシピ盗まれても問題ないのって、現実にある話なのかな?祥平がライバル店に移ったことによって、全体のバランスが更に面白くなったように感じた。あと、過去の事件は祥平のミスということで解決済みだったの?!さらに真犯人いるんじゃないの?!というモヤモヤ感。

最高

前回最後に祥平がgakuに就職して終わり、何故そっちに行ったのかとずっと考えていましたが今回でスッキリしました。尾花さんの所へ行きたいはずだけど、gakuに入って最高の料理を作ることが一番の恩返しになると思ってるんだろ?と丹後さんに言われた時の祥平の顔がなんとも言えなくてとても泣きそうになりした。芹田は、見習い作業ばかりで嫌になりgakuにレシピを売りつけ辞めると出て行ってから、京野さんに招待され、グランメゾン東京に客として料理を食べに来ました。そこで料理人の思いや自分のしてしまった重大なことに気付き、もう一度働かせてくださいとお願いするシーンがとても感動的でした。レシピを渡してしまい土下座をするシーンがあるのですがその後にみんなが笑って、真似できるもんじゃないと余裕そうに言っていたのもとても鳥肌が立ちました