グランメゾン東京(5話)見逃しフル動画を無料視聴【配信済み】

動画配信情報

5話の見放題配信(全話無料)

各動画配信サービスはお試し期間があり、この期間を利用すると無料で見放題可能。期間内に解約すれば、一切お金はかからない。

paraviは30日間無料で利用可能!

  1. 無料お試し期間は30日間。
  2. 期間内に解約すれば一切お金はかからない。
  3. お試し中に500円分のポイントが貰えて、レンタル動画を無料で借らりれる。

だから、今ならparaviのお試し入会はかなりお得なんですよ♪

paravi
無料見放題はコチラ

5話の見逃し配信(11月24日まで)

見逃し配信サービスは無料視聴できますが、「放送から1周間以内」「視聴中のCMが多い」というデメリットも。

5話の展開予想

アレルギーシェフの大炎上で良くも悪くも人が集まるのかなと思っていたら、もう全然人が来ないみたいで大変ですね。それでフードフェスに自ら出向いていくようなのですが、フェスとはまた外部からの妨害工作などが入りやすそうで心配です。祥平が協力してくれるというのも不安材料の一つですね。あの婚約者・美優が何かしら仕掛けてくるのではないかと不安でいっぱいです。
リンダの高評価は話題を呼んだもののその話題の中心はレストランではなく、食中毒事件を起こした料理人の尾花であって、食中毒を起こす店とレッテルを貼られて開店休業状態、尾花たちは自ら動いて宣伝する事を決めた事で、対峙していた平古が尾花の心を入れ替えた姿勢に心を打たれ仲間になる展開を予想しています。
次回は、昔の事件が明るみになり、波乱の展開が続くと思います。
リンダは、どういうつもりで昔のことを蒸し返したのか気になります。
そして祥平が活躍するということで、いよいよグランメゾン東京に加わるのかなと気になります。
芹田がお金は受け取ったが完全にグランメゾン東京を裏切る行動をとるのかが気になりますね。予想的には1回情報を流した後に尾花に真実を語り尾花が許してグランメゾン東京で一緒に頑張っていく流れになるんじゃないかと予想しています。
gakuの人…芦田くんにお金渡してましたね…もう、何かズルい!セコイ!本当に腹立つ!
そのうちgakuの料理長だって、グランメゾンで働くんじゃないですか?
いや、その前に京野さんが怪しかったけど…裏切らないで下さい。

5話の感想・考察(ネタバレ)

三ツ星への挑戦の始まり

いよいよグランメゾン東京の開店の日が千一居てきたのですが、フランス時代のアレルギー問題が表面化したことで、キャンセルが相次ぎ、開店しても、休業状態に、そんな中、材料を無駄にしないたまに、イベントに参加することに、そのイベントはスパイスを生かした料理のイベント、多くのお店が出店する中、カレーのお店を出すことにしたのです、それが人気を呼び多くの人が行列を作るお店になる一方、調理人たちには負担がかかってくるのです、そんな絶好調の最中に、アレルギー問題のことで、イベントの主催者から出店を止められてしまうことに、しかし、そこから奇跡のようなことが起きるのです。ネット社会の不思議な現象、イベントで人気のカレーの味の評判を、調べると、グランメゾン東京へとつながり、美味しい料理を求めて、客足が伸びてきたのです...

ナッツ混入事件の謎が解ける

グランメゾン東京のオ-プン日となるがキャンセルが続き、リンダが雑誌で尾花の名前を出したことで、こんなにも影響力が大きいとは思わなかった。
食材を持ちフードフェスに出店したが、ここでも邪魔されもう残された道はないのではないかと不安になる。

自分がナッツ混入者の犯人だと名乗る京野、お店を救うために自分を犠牲にして尾花を救うと感じた。
尾花と京野が争い始め、オ-ナ-倫子が今美味しい料理を作ることを目的にしている大きな意味に救われる思いとなった。
祥平がグランメゾン東京のお店に現れ、3年前のナッツ混入事件は単なるミスだったと思われ、尾花はきっとそのことを知っていたと感じた。

オ-プンお店が散々だったはずなのに、お店がレストラン上位候補にランクされたがどうしてなのか不思議だった。

尾花と祥平の関係に大きな動きが!

尾花が何だかんだと理由をつけながら祥平を自分から遠ざけてみたり、あるいは彼が手伝える仕事を用意してあげたりと、そうやって不器用ながらも後輩の面倒を見てあげている姿が印象的でした。尾花にとっても彼は見込みのある若手だったのでしょうね。そんな祥平があのような事件を起こしてしまったのも、そこに自分への反発や挑戦心のようなものがあった事も尾花は全部気付いていたようで……この数年間ずっと心配だったのかもしれません。祥平が「フレンチを辞める」と言い出した時も強く反対していましたしね。一方で、今回ラストで祥平がgakuの一員として現れた時の尾花はとても嬉しそうでした。尾花と一定の距離を取りつつも祥平の挑戦心が存分に活かされ、もちろんフレンチも続けていくというこの選択。もしかすると尾花にとっては自分と一緒にグランメゾン東京をやっていく道よりも嬉しい選択だったのかもしれないですね。ここからの二人の対決は見ものです。

人って単純な事で失敗しやすく、些細な事で人に救われる。

腹黒く意外とアマアマな策略家の江藤の考え方がイマイチ理解できないと感じてしまったのが、あのイケメン工作員だったシェフの柿谷を堂々と丹後の元で働かせる悪巧みをしてました丸わかりな展開には驚かされてしまい、ハッキリと白黒の区別をつけたい制作者の考えでわかりやすい物語にしたいのかなと思いました。
また、尾花が疑われた食中毒事件に至っては最終回まで引っ張っていくものと考えていましたが意外とあっさりとわかる流れに、原因もなるほどねと感心させられる上手い真実の設定には感心させられ交わす言葉も素晴らしく、人間のイヤな心理ではなく人の情けをメインとして肯定的にまとめていく物語は最近のドラマでは珍しく感動させられました。
尾花たちがお客を呼び込むためのフードフェスティバルに参加した時に作られた美味しそうな品々が食べたくて仕方がない気持ちになりました。

スリースターズの効果!

グランメゾン東京のプレオープンの記事で、過去にアレルギー事件を起こしたシェフがいると書かれてしまい、オープン以降はキャンセルが相次ぎ、ついには0組という日も続き、アルバイトもやっていられないと2人やめてしまうし、食材はどんどんあまらせてしまうし、これでは店がつぶれてしまうのではとみんなで頭をかけてしまう。そうしたときに、グルメフェスで余った食材を使って出店しようと提案し、ジビエカレーやピンチョス、フレンチソースの餃子など様々なおいしい屋台グルメを出店し、インスタを中心にSNSでスリースターズが話題になる。途中でグランメゾン東京が出店しているとばれて営業停止になるが、ばれたおかげで店にはお客がたくさんくるようになった。