ニッポンノワール(6話)の見放題・見逃し配信動画【無料版】

動画配信情報

6話の見放題配信(全話無料)

各動画配信サービスはお試し期間があり、この期間を利用すると無料で見放題できます。期間内に解約すれば、一切お金はかかりません。

huluは14日間無料で利用可能!

  1. 無料お試し期間は14日間。
  2. 期間内に解約すれば一切お金はかからない。
  3. 海外ドラマのFOXチャンネルをリアルタイム視聴可能。
  4. 全ての作品が見放題

だから、今ならhuluのお試し入会はかなりお得内容になっています♪

hulu
無料見放題はコチラ

6話の見逃し配信(10月24日まで)

見逃し配信サービスは無料視聴できますが、「放送から1周間以内」「視聴中のCMが多い」というデメリットもあります。

6話の展開予想

薫が関わっていた事実が判明し、清春がどう行動するのかが興味深いです。克喜に対しての接し方も変わって来るような気がします。才門も薫が関わっていたことを知っていたのではないかと感じるので、それを知った清春に、どこまで手の内を明かすのかも見どころです。
次回からは第二部の「※※編」がスタート! これ、なんて読むんでしょうね。これ自体に何か大きなヒントが隠されているのではないかと疑ってしまいます。本編は碓氷と克喜の秘密に迫っていく展開になるようです。しかし既に亡くなっている碓氷と、子供な上に情緒不安定な克喜を相手に情報を集めていくのは至難の業。第一部以上に疑心暗鬼になりながら見ていけそうなので楽しみです!
公安部の才門に助けられた遊佐は、ガスマスクの人物に見せられた動画によって新たな思い出した記憶の繋がりを確かめるために、息子の克喜が通院していたベルムズも出入りする病院に潜入、ベルムズ自体は警察組織が管理していた集団で全員に謎の薬物を処方して飲ませ、その後の症状を記され人体実験だったと判明し、分けられたデータの中には幼い少年の克喜に刑事の遊佐も含まれている衝撃的な物語になると予想しています。
遊佐と才門は警察から逃走し続けながら事件の真相を追うことになった。遊佐は薫が10億円強奪事件の真犯人だと語ってきた、と遊佐は才門に告げ、遊佐と才門の間で情報共有が行われる展開を予想する。遊佐と才門がお互い素直に協力し合えるかどうかに期待したい。
“碓井からの「十億円強奪事件の犯人は私よ。(碓井と清春の間の息子)克喜がその事件の根幹に絡んでいる。」という告白を思い出した清春が、何故碓井が犯人なのか?克喜がどうして絡んでいるんだ?と更なる謎を追いかけていくようで、とても楽しみです!
克喜の飲んでいた薬が底をついてしまい倒れてしまったことから、警察病院に行くことになり克喜の病気も明らかになってくるのではないかと期待しています。”

6話の感想・考察(ネタバレ)

ニッポンノワールの実態がヤバイ

克喜のニッポンノワールとの関わりが人体実験だったとか、抱えている秘密が予想の斜め上すぎて、なかなか気持ちが追いつきませんでした。薫は、実の息子をこんな実験に差し出して後悔したから、計画を頓挫させようと10億円強奪事件を起こしたのかもしれません。自分の命を差し出して、清春に全てを引き継いでもらうことが彼女の懺悔だったとしたら、どちらにしても克喜を傷つけるし、割に合わないと思います。ここに来て、薫の克喜に対する気持ちが急に薄っぺらく感じてしまいました。本当に息子のことを考えているなら、そもそも危険な案件に足を突っ込まないと思います。ニッポンノワールの陰謀を阻止することが息子より大事なのかなと、ちょっと腑に落ちませんでした。

想像以上のスケールだった

智佳での人体実験という、こちらの予想を大きく超えたスケールの話になってきて驚いています。しかも克喜くんがその被験者だったようでして。克喜くんが第1話で銃を発砲したシーンも確かに「おかしくない!?」と思っていましたが、あれも伏線だったとは……。精神的に何か変わった部分があるだけではなくて、肉体的にも色々とおかしな感じに変化させられてしまっているようです。そして怖いのは遊佐も何かの処置を施されている可能性があるところですよね。ニッポンノワールのロゴマークを見る度に意識を失っていますし、そもそも第1話からの記憶喪失も組織の関与があったのかもしれません。おそらく碓氷薫は克喜くんと遊佐に何が起こったのか、その全てを知っていたのでしょうが、今さら彼女に何か訊く事は叶いませんしね。事情通の才門もああなってしまいましたし、この大きすぎる謎に遊佐がどう立ち向かっていくのか楽しみです。

シリアスさが増し真の面白さを堪能できる

第2部の幕開けになった瞬間にドラマの雰囲気が完全なシリアスモードに変わった事で、物語の主軸である殺害された刑事の碓氷と10億円強奪事件の物語に集中して見ていられるようになった所が心地よく、刑事の遊佐とまだ幼い克喜との関係性の雰囲気も堪能できるようになっていてとても良かったと思いました。
ただし、遊佐が容疑者として逮捕の流れからのスリリングな日々の1週間が相当楽しめた内容にできた感じを受けたのに、走馬灯のようにダイジェストで描かれていたのは残念でした。
驚異の強さを誇るガスマスク犯の予想をうまく外してくれる事と、遊佐と才門の微妙な心理の中での協力関係からの激しいアクションと楽しませてくれる翻弄の仕方が巧妙でいい時間を堪能できました。

才門が死ぬなんて衝撃すぎる!

才門はストーリーの最後まで、清春の敵なのか味方なのかわからない感じでいくキャラクターだと思っていたので、まさかこんな中盤で死んでしまうなんて衝撃すぎました。
才門が清春のことを助けていたのは、本当に好意からだったんだなと感じたけど、時すでに遅しという感じでショックすぎます。
また、ニッポンノワールのアジトにいた、拳銃で撃たれてもびくともしない男性たちは何者なんだろうかと気になりました。
人間だけど人間ではない感じが異様だったし、あれがニッポンノワールがしようとしているという人体実験なのかなと怖かったです。
だけど、なぜ子どもの克喜くんにまで人体実験をしたのかが謎です。
このプロジェクトにもしかしたら薫も加わっていたのかなと思いました。

克喜が飲んでいた薬は?

ずっと気になっていた克喜の飲んでいた薬。
いつも衝動が抑えられないときに飲んでいたように思えていたので、精神安定剤なのかな?とは思っていましたが、まさか強度の精神安定剤で無認可のものであるとは!
あんな幼い子供に飲ませるなんて、正気の沙汰ではないと言った闇医者の言葉から直ぐに「人体実験」の言葉が浮かびました。
清春の三度めのフラッシュバックで、やはり克喜が「人体実験」をされていたことが明らかになり、やっぱりなぁというのと同時に、これは克喜の祖父(碓井の父親)の仕業なのでは?と思いました。
碓井の父親は確か元警視庁長官だったはず、、。
ニッポンノワールの一員であってもおかしくないですね。
克喜は孫と言えども、結婚し祝福されて生まれた子供ではなく、清春と碓井の一夜の過ちで出来た子供。
祖父にとって克喜は娘を汚した男の子どもとしかとらえておらず、克喜は祖父によって人体実験の餌食にされたのではないかと思っています。