決してマネしないでください(3話)の見放題・見逃し配信動画【無料版】

動画配信情報

3話の見放題配信(全話無料)

各動画配信サービスはお試し期間があり、この期間を利用すると無料で見放題できます。期間内に解約すれば、一切お金はかかりません。

U-NEXTは31日間無料で利用可能!

  1. 無料お試し期間は31日間。
  2. 期間内に解約すれば一切お金はかからない。
  3. NHK特典のお試し入会で1,000円分のポイントが貰える。
  4. 約100種の電子雑誌を読み放題できる

だから、今ならU-NEXTのお試し入会はかなりお得になっていますよ♪

U-NEXT
無料見放題はコチラ

3話のレンタル配信(1話無料)

お試し入会中にポイントが貰える動画配信サービスは、そのポイントを使えば無料で動画レンタルできます。

3話の見逃し配信(11月16日まで)

見逃し配信サービスは無料視聴できますが、「放送から1周間以内」「視聴中のCMが多い」というデメリットもあります。

3話の展開予想

次回は料理実験ということで、飯島さんが参加しや吸い物だと思いました。
掛田くんの次の目標はかっこよくなることです。

掛田君は飯島さんを好きになることで、いろいろなことに挑戦しています。
このまま素敵な男性に変身していってほしいと思います。

掛田君とは違って、飯島さんの方はいつも冷静な感じがします。
怪しい実験の時は慌てていますが、掛田くんに対して、まだ特別な感情があるように見えません。

掛田くんには頑張ってもらいたいです。

理は飯島にも分かるように料理を使った実験をするのですが、理が飯島の前でかっこよくなりたいと思うあまり、固まってしまって、実験が思うように進みませんでした。周りの職員が理の緊張を解きほぐそうとして、やっと実験が進み始めました。
初の恋愛に目覚めた掛田を応援しようと考えた同じ工学部の有栖とテレスが、飯島さんと掛田の距離を接近させるために教授の高科に協力をしてもらい、飯島さんが食堂で働いているので料理に関した実験から近付こうとした時に、掛田が飯島さんの好みの料理を知らない事で悩み出してしまう面白い展開を期待しています。
今回の実験の最後に、掛田くんはついに飯島さんを誘うような言葉をかけていました。科学用語だらけでわかりにくい言葉ではあったものの、飯島さんはまんざらでもなかったようなので、掛田くんと飯島さんとの距離が、または少しずつ縮んでいくはずだと思います。
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテ徐々に掛田も女性に慣れていき、彼女に話しかけられるように成長していくとは思いますが、仲間から科学的な観点から恋愛のアドバイスをもらうプロセスがとても面白いため、これからも、奥手の掛田の女性苦手はなかなか改善せず、彼の女性苦手はじっくりと時間をかけて改善されていくのではないでしょうか。

3話の感想・考察(ネタバレ)

掛田氏、飯島さんのことをもっと知りたい

今回は実験が多かったのですが、ミキサーも超音波メガネ洗浄機も持っていない私にとって、家で試すことが出来なくて残念です。しかし、食堂の店員の飯島が大学生の掛田理(おさむ)のところに来てくれるようになって良かったです。今回も勉強になって、18世紀に手洗いで細菌を洗い流すことが出来ると分かったことが元看護師の私にとって、感動しました。その後、消毒薬で手洗いをすると手荒れになるからゴム手袋をした方が良いというのは病院内でもやっていました。だから、私は家でもゴム手袋を使っています。また、焼き芋を焼くときにオートクレーブが使えるのも元看護師にとって驚きました。医療関係者でなかったらこういうのは分からないと思いました。

手軽に出来る家庭での調理実験は魅力的。

掛田の愛しい飯島さんを招いて興味を持ってもらおうとする、ほぼ掛田のためあるような工学部でしかも医学部の研究室を借りている状況が可笑しくてならないのに、医学部の教授である白石は洗脳されたように何一つ文句を言わずに、掛田たち工学部の行動に付き合っているお人好し感に癒されました。
有栖とテレスがした実験は身近で手に入れられる低価格なワインを、どこの家庭にでもある家電製品を使う事によって全員が納得出来る味わいにと、両方ともに実際にやってみたくなりました。
最後の掛田は残念ながら頭脳明晰が仇となり手が込んでいて空回り感が半端なく、出来上がった時に飯島さんの手洗い話から掛田が尊敬する高科に華を持たせた格好になる展開には爆笑させられました。
長めに見せていた出演者による様々な手洗い方法とその後の行動は、説明が無かったもののキャラクターの個性を生かして良い悪いを上手く表現できていた所は素晴らしく感じました。

手洗いはしっかりと!

今回は食べものを扱う実験が多く紹介され、なかなか興味深かったのですが、さらに印象に残ったのは、食べる前には手洗いがとても重要だ!と改めて感じたということでしょうか。掛田くんはじめ、研究室のメンバーそれぞれの手洗いシーンがかなり長めにしっかりと映し出され、「なぜ?」と思いながらもしっかりと見入ってしまいました。あんなに他人の手洗いをしっかりと観察したことはあまりないと思います。その後に、手の洗い方を説明するでもなく、ただただ、手洗いのシーンだけが流れるだけなのですが、なかなかインパクトがありました。人それぞれの手洗いの方法があって、例えば、有栖が洗いあがった手を自分が着ている白衣で無造作に拭いたり、テレスがただ濡らすだけのひどい手洗いの後、さらにズボンで拭くというシーンを見ると、思わず「わっ!」と目を覆いたくなりました。また、白石教授が手に着いた水を振りまくって周囲にまき散らすのも、嫌でした…。人の悪い手洗いの例をまざまざと見ることは、かなり効果的かもしれません。ぜひ子どもと一緒に見直そうと思います!

飯島さん物理学に興味示す!?

ドラマ冒頭から、ワインを超高級ワインに変身させたり、ワインをミキサーにかけるという斬新なやり方や、鶏むね肉を高級地鶏に変化させるなど、珍しい方法が色々出てきて、楽しかったです。研究室のみんなは、ほのぼのとしていて、飯島さんも違和感なく仲間に入っているように見えるのですが、掛田君は、飯島さんのことをもっと知りたいみたいで、二人が違和感なく相思相愛になる日はくるのか、ハラハラしながら見ています。白石教授と高科教授は、キャラクターが全然違いますが、お二人がいることで研究室がとても楽しい感じになっているように思います。また、今回は、手洗いの過去の歴史や、ゴム手袋の裏に隠された知られざる純愛エピソードなど、勉強になることもあり見ごたえがありました。

手をちゃんと洗おうと思った

今回の内容の中で一番印象に残ったことは、昔から手を洗う習慣がなかったことです。
見えない細菌というものが理解できていなかったこともありますが、それ以上に権力だけで物事が判断されていたことが残念に思いました。
権力のある人の発言は全て正しいという誤った考えは、今でもあると思います。

手を洗うことの大切さを改めて知ることが出来ました。
手を洗う場面が出ましたが、飯島さんが一番丁寧に手を洗っていたと思いました。
やはり、調理師として衛生面にかなり気を使っていると思うので、それが普段の習慣として出たのだと思います。

逆にテレスくんは石鹸を付けて洗っていたかも怪しいですし、手をジーンズの太ももの部分で適当に拭いていたのが気になりました。