ハル (ドラマ4話)の見放題・見逃し配信動画【無料版】

動画配信情報

4話の見放題配信(全話無料)

各動画配信サービスはお試し期間があり、この期間を利用すると無料で見放題可能。期間内に解約すれば、一切お金はかからない。

paraviは30日間無料で利用可能!

  1. 無料お試し期間は30日間。
  2. 期間内に解約すれば一切お金はかからない。
  3. お試し中に500円分のポイントが貰えて、レンタル動画を無料で借らりれる。

だから、今ならparaviのお試し入会はかなりお得なんですよ♪

paravi
無料見放題はコチラ

4話の見逃し配信(11月18日まで)

見逃し配信サービスは無料視聴できますが、「放送から1周間以内」「視聴中のCMが多い」というデメリットも。

4話の展開予想

和田のことを雑誌を見ていた涼は父親の存在を知っていた。
本物の方が少しカッコイイといっていたことで、尊敬していると感じる。
再び親子との対面となると思い、今度はどんな会話となるか楽しみです。

映画会社の人物と和田の過去が気になります。

晴の勤めている五木商事の子会社である映画会社の経営戦略に、部長の和田が違和感を抱き改善策を求めた行動には和田と親しい関係者からの頼みから動いた私情が入り過ぎていると晴が指摘して、晴が中立の立場から映画会社の経営戦略の見直しを始める物語と予想しています。
儲け第一の勝者気質なんて、絶対になかなか言うことを聞いてくれないだろうなと思いました。
そんな飯島にハルがどんな作戦を試すんだろうかと楽しみです。
また、ハルの和田への気持ちが加速するそうなので、そちらもかなり期待しています。
初めて父と息子の対面が実現したことは、すごく良かったことです。周りに人がたくさんいる中、涼も、そして和田も言いたいことを言葉にすることはできず、心の中は複雑であったと察します。今後の父子の交流の可能性が高まってきたことが楽しみなことです。
涼が実の父である和田部長と親子として顔を合わすのでその時に涼はどんな反応を示すのか注目しています。
実質親子として交わす初めての会話がどんな事を話すのか。
笑い声が生まれるのか静寂の時間だけが過ぎていくのか。

4話の感想・考察(ネタバレ)

映画製作の真の目的とは

映画製作は内容によってはかなりの金額になってしまいます。
大ヒット間違いなしの作品なら、投資をしても、かなりの収益は見込めるでしょう。

しかし、リスクが高い分、ヒットするかどうかわからない作品に関しては、やはり予算面という壁にぶつかってしまいます。
今回は赤字続きの映画会社をどう立て直していくかが課題となりました。

まずは赤字額を減らし、手堅く安定させていくという飯島社長の言い分も良く分かりました。
昨今ではドラマ化されているものやアニメ、さらには人気のある原作が映画を作る主流になっているようです。

確かにテレビドラマを観ていても、原作がヒットしたものをドラマ化している物が圧倒的に多いような気がします。
それはやはり、視聴率をある程度予測でき、安定的な収入を確保しやすいということから来ているのかもしれません。

売れる映画というものはどういうものなのかを改めて考えさせられた内容でした。

和田の熱き映画に対する思い

五木商事の子会社の映画会社スタ-バレ-の社長飯島と和田の後輩若林や社員たちとの間で、わだかまりがあり、和田がいつも以上に熱心で私情が絡んでいるのが気になった。
飯島はデータ-やビジネス感覚、若林は映画作りに熱心だけどヒット映画がなく苦しい状態であった。
映画を作るには費用も掛かり、飯島もなかなか認めてくれない、晴美が若林をおだてるが上手く行くのか・・・。
若林が持ってきた映画の内容は面白そうでヒットの可能性も大きいが、人気の原作や費用が莫大にかかり難しいと感じる。

青年実業家金子と会う作戦を取り、和田が映画に対する熱い思いぶつけ、若林のオリジナル企画が金子の心に触れた結果となり良かった。
スタ-バレ-の映画製作が作らない方針に変わり残念、しかし和田が飯島と接触して飯島の本音が聞けることになり嬉しい気持ちとなっていく。

映画にかける青春物語。

経営企画部の部長というポストについている和田でも好きな事には片寄った感情が沸き立ってしまうのかと強い印象を受けてしまった今回の案件である映画製作配給会社の経営改善策ではなく、本社から出向している社長の飯島を映画製作に踏み出させる事に重点を置いた内容は、私情が入っているとしか思えませんでした。
晴に担当させようとした時には冷静に見ていたはずが、和田や若林の思いに感化されてしまったとしか思えず、対峙するかと思ったらあっさりといい人でしたで丸く収まる内容は映画にかける熱血の青春物語のようで、いつものような爽快感は薄れてしまった感じを受けたのは残念でした。
最初の頃の和田の思惑を秘めた感じが全く無くなっていて何処に物語が向かうのかとちょっとだけ心配になっています。

映画好きの親子

五木商事の子会社の映画会社「スターバレー」の経営について晴(中谷美紀)に語っていた和田(藤木直人)だったがついつい映画好きの虫が騒ぎ出して熱く語り出してしまう。そんな和田に晴が公私混同じゃないでしょうねは元夫婦らしい会話だなと感じました。そんな和田に似たのか涼が晴に映画を熱く語っている場面は面白かったです。涼は基本的には大人しく落ち着いている男の子だがやたら熱く映画について内容を語っている場面は珍しい涼の一面が垣間見えました。ただ晴に面白いからこの映画見なよとは言っていたがほとんど内容を語っていたのが子供らしい部分がやっと見えたなと感じました。映画に熱くなる和田と涼にたいしてDNAかなと語る晴が優しそうな顔してました。

お気楽で幸せそうで不思議です。

4話は和田部長が好きな映画に関する仕事で、和田部長が積極的に仕事に関わってきましたが、それを見つめるハルの目がとても好意的でした。元旦那に完全にラブラブな雰囲気で、なんでこの2人別れたのかしらと思っていたら、まさかの食べ物の好みの不一致?毎回仕事も簡単に上手くいっちゃってお気楽でいいなと思っていましたが、離婚の理由もお気楽でびっくりです。現実はもっとシビアだと思いますが、お気楽で女の願望が簡単に叶えられちゃうところがこのドラマの醍醐味なんでしょうかね。映画の仕事も青臭いこと言ったら人の心を動かすことができて思ったように事が運んじゃうし、リアリティは無いけど夢がいっぱいだなと思います。現実もこんなに上手くいくといいのにね。