孤独のグルメseason8(7話)の見放題・見逃し配信動画【無料版】

動画配信情報

7話の見放題配信(全話無料)

各動画配信サービスはお試し期間があり、この期間を利用すると無料で見放題できます。期間内に解約すれば、一切お金はかかりません。

paraviは30日間無料で利用可能!

  1. 無料お試し期間は30日間。
  2. 期間内に解約すれば一切お金はかからない。
  3. お試し中に500円分のポイントが貰えて、レンタル動画を無料で借らりれる。

だから、今ならparaviのお試し入会はかなりお得なんですよ♪

paravi
無料見放題はコチラ

7話の見逃し配信(11月22日まで)

見逃し配信サービスは無料視聴できますが、「放送から1周間以内」「視聴中のCMが多い」というデメリットもあります。

7話の展開予想

神奈川県鎌倉市で仕事を終えた井之頭、お腹を空かしてお店を探しインド風サバ燻製とスペアリブを食べる。
かたせ梨乃とパパイヤ鈴木の異色な組み合わせなゲストが、店員と客になって井之頭に料理を提供するのだろうか楽しみだ。
輸入雑貨を個人で営んでいるだけに普通の他人よりも何でも知っている五郎でも、ドイツの料理で知っているのがソーセージだけだった所に現れたサバというありふれた食材が劇的に上手くなる料理を堪能して空腹を満たす感動に浸り、店主に一度に注文するクセを初めて注意される面白い回だと期待しています。
鎌倉に訪れるようでしたが、そこでドイツ料理を楽しむ様子が予告で見られました。せっかく来たからその土地のものをという考えではなく、次回も本能の赴くままに選んだ場所なのだと思いました。また、予告でいつものように注文していると頼み過ぎを心配した店主に注意される井之頭が見られ、それに対して「すみません」と素直に従う井之頭が見られ、店主に押され気味の井之頭の様子が笑いどころになると期待しています。また、食でドイツを楽しむ井之頭の止まらない食事シーンも楽しみです。
次回はドイツ風サバの燻製とスペアリブです!次はドイツ料理店でしょうか。サバの燻製なんて食べたことがありません。食は本当に奥が深いですね。松重豊さんは本当に美味しそうに召し上がります。次回のお店も必見です。
次回はまた東京を離れて鎌倉が舞台ということで、食事シーンだけじゃなく街の景色も色々楽しめる回になりそうですね。ドイツ料理のようですが、また肉料理がメインっぽいので少し残念。ただ深夜のスペアリブは相当パンチがありそうで、事前に夜食を用意しておくのは必須ですね!

7話の感想・考察(ネタバレ)

いつもと違う

今回は店に入るなりどうも相手のペースにはまり注文から会計まで終始主導権を握れない五郎だった。こんな展開も珍しい。ドイツ人が営んでいる店なのでこんな感じなのだろうかと思ってしまった。日本人が接客しているならキレる客もいるのではと考えてしまうが。さて、料理は鯖の燻製は想像できなかった一品だが五郎がベタ誉めするポテトとの食べ合わせは気になり食べてみたくなった。また、フォークとナイフを扱う五郎は久々見たがここは代わりに箸を頼んでも良かったのではと思ったがこの女性店員がどういうか気になった。しかし、料理はどんな料理でも美味しそうに食べる五郎にいつもながら感心するがまた支払いぶりにも、ランチに4080円とは。私もこんな身分になってみたい。

人の生き方や旅番組を感じさせる新鮮な孤独のグルメ。

五郎が料理を食べてその美味しさに浸るための店のある街にやって来る理由として仕事の依頼してきた面白いキャラクターを持っている人物との掛け合いは、コント形式を採用したモノが多かったのであまり期待していませんでした。
今回の依頼人であるハンバーガーショップを営む中村の面白い風貌から、確実に可笑しな言葉の掛け合いになるなと思っていましたが、仕事人間だったのが病を患い人生観に人柄まで変わってしまい、生きていると全ての捉え方が変わる時があるという奥深い内容に感動してしまいました。
また、区画整理されていない昔ながらの風情のある小道とそこを歩く五郎の姿のコラボレーションの様子が素晴らしくて見とれてしまい、旅番組としても成り立つような雰囲気に引き込まれました。
ドイツ料理店の女性店主の来店した五郎に有無を言わせぬ態度が可笑しく、何処と無く美味しい料理だけを五郎に食べさせた感じがしたのも新鮮な感じでした。

かたせ梨乃強すぎ!

第7話のメインである「サバの燻製」や「スペアリブ」よりも、迫力のあるママ役のかたせ梨乃のインパクトが強すぎです。
あんなママいないよ~。出だしからすごい存在感。圧倒される存在感というのでしょうか。あんなママが怒ったら、五郎さんだけでなく、お客さんみんなビビっちゃうと思う。
最後に、原作の久住さんがお店訪問して、本人とご対面するのですが、ぜんぜん本人と違うじゃん!ご本人は、気の優しそうなドイツ人って感じなのに、なんで「かたせ梨乃」なの?今回は、料理に湯気が立っていなかったので、あまり美味しさや雰囲気を感じられませんでした。料理から沸き立つ湯気って演出上必要だと思う。今回は、五郎さんが食べてもあまり美味しそうな感じがしなかったよ。

ドイツの家庭料理が美味しそうでした。

メニューにソーセージのお料理が沢山並んでいて美味しそうだなと思いました。ソーセージがこんなに沢山お料理があることが知れて良かったです。聞いたことない名前がずらりと並んでいてどんなお料理なのか気になったけれど、店員さんが「聞いちゃダメ。出てきてからのお楽しみ。」と、言って教えてくれないところが更にお料理に興味が沸きました。井之頭さんがお料理を頼むとそのメニューはないからと言われてしまいおすすめされたスペアリブを頼み、店員さんが上から目線で接客するところが面白かったです。出てきた鯖の薫製は匂いがこちらまで来そうなくらい美味しそうだったしスペアリブもあっさりしていて最後までパックっと美味しくいただけそうで食べてみたいなと思いました。デザートのアップルパイもサックっとしていて中はしっとりしていて美味しそうでした。

神奈川県鎌倉市由比ガ浜のドイツ風サバの燻製とスペアリブが美味

俳優の松重豊が輸入雑貨の商社をしていて、彼がいろいろなところに出向き、貴重なグルメスポットを紹介してくれる孤独のグルメシリーズ。その魅力は、松重豊がいつも美味しそうに食べる食べっぷりが魅力になっています。そんなグルメドラマも第8段のシーズン8を迎えます。その第7話では、その舞台が神奈川県鎌倉市由比ヶ浜となりますが、由比ヶ浜のハンバーバーショップのオーナーで昔から知り合いである中村真治(パパイヤ鈴木さん)との商談に臨みます。商談は無事終わるのですが、商談が終わると松重豊さんはいつものようにお腹が空いてしまいます。当然湘南の海なので、海鮮を望むのですが、そのようなお店はなかなかありません。松重豊さんはあまりにオナガか空いて、ようやく見つけたドイツ家庭料理屋さんに足を踏み入れます。そのお店のママさんである、かたせ梨乃さん迫力に負けてその場で料理を食べることとなるのですが、これがまたいつも通り美味しく、松重豊さんの胃袋を満たしてくれるのです。