孤独のグルメseason8(6話)の見放題・見逃し配信動画【無料版】

動画配信情報

6話の見放題配信(全話無料)

各動画配信サービスはお試し期間があり、この期間を利用すると無料で見放題できます。期間内に解約すれば、一切お金はかかりません。

paraviは30日間無料で利用可能!

  1. 無料お試し期間は30日間。
  2. 期間内に解約すれば一切お金はかからない。
  3. お試し中に500円分のポイントが貰えて、レンタル動画を無料で借らりれる。

だから、今ならparaviのお試し入会はかなりお得なんですよ♪

paravi
無料見放題はコチラ

6話の見逃し配信(11月15日まで)

見逃し配信サービスは無料視聴できますが、「放送から1周間以内」「視聴中のCMが多い」というデメリットもあります。

6話の展開予想

自分なりに次回の展開予想・期待シーン・考察など筆跡してください。
仕事を終えた井之頭、東京都台東区ぼローストポークのサラダとチムチュムを、井之頭の食べっぷりで多くの情報を伝えるのか楽しみだ。
毎回変わるゲストが、店員に扮する姿も気になる

本当のお店を作者が紹介するのも楽しみです。 

次回はマラソンの場所変更で若干寂しさの漂う街・浅草!浅草だけどタイの地方鍋!予告を見る限り、食べたことない。というか、見たこともない!でもタイ料理だから、辛みとパクチーみは脳内で勝手に浮かんでくるが、なぜ浅草でタイなんだろう?五郎さんはクライアントのところでは食事しないから、タイ料理屋のコーディネートをお願いされたわけでもないだろうが。ただ、確かなのは、「鍋」なので、思う存分マイペースなフルコースを組み立てて挑めるということ。五郎さんならではの鍋の展開は、この冬の自分の鍋料理にも役立ちそうだ。
来週の孤独のグルメseason8第6話は浅草が舞台になるようです。江戸の雰囲気が残る浅草の町で井之頭五郎はいかなる美食にたどり着き、腹を満たすのかとても楽しみです。予告ではアジアンテイストのタイ料理店が映っていましたがどうなるのでしょう。
五郎が仕事で訪れた浅草で、空腹を見たそうと新たな出会いを求めてお店探しをしていると異国情緒を漂わす道に遭遇し進んでいくとタイ料理店が目の前に現れ直感を信じて入店、日本には無い刺激の強さに驚きながらも食欲を引き出され、いつものようにおかわりをしてしまい店主が驚くオモシロ展開を期待しています。
五郎が食べる、チムチュムとはどんな味なのか、想像もつかないので、楽しみです。
チムチュムはタイの地方の鍋料理のようだけど、弥生式土器みたいな鍋にいれてつくるのは、何か理由があるのか知りたいです。
タイの料理なので、辛いのかなー?と思いました。

6話の感想・考察(ネタバレ)

イサン地方のハーブの鍋チュムチュム

井之頭が仕事を終え腹ごしらえするお店は、浅草にあるタイレストランイ-サンのお店を見つける。
店内は異国の世界を感じ、気さくな店長に迎えられメニュ-からは想像が出来ない料理だった。
他の客が食べているチュムチュムという鍋料理、イサン地方のハーブの鍋に興味を持つ井之頭だが、メニュ-が1/3ぐらいしか載っていなく料理も時間がかかると言う店長、かなり自信を持っているお店と感じ客はかなり困難するだろう。

ナムトックムのサラダは、これだけでも満腹させるほどの肉の量でライスと合いそうなメニュ-である。
チュムチュムの鍋は、牛、豚、鶏が盛り合わせ生卵を混ぜてから、ハーブの鍋に野菜を入れてから肉を入れ変わった食べ方で、井之頭のコメントが上手く料理を伝えていた。

器のデカイ店主のタイ料理。

五郎が仕事でやって来た浅草で、人力車の車夫の積極的過ぎるぐいぐい営業をかけてくる所から、依頼してきたイベント会社の社長の落ち着く暇がない電話の呼び鈴と、個人輸入業をしていて営業トークに自信があるはずの五郎でさえ、下町の粋な人々の勢いに押されっぱなしの構図が愉快でした。
五郎の空腹を満たす食のパートに移ると、小さな路地に犇めく焼き肉店の数々に目移りして選びにくい中で選んだのがタイ料理店と、ちょっと変わった五郎の探求心には驚かされました。
また、店も変わっていて五郎が適当に頼んでも食材が揃っていれば何でも作れるという、一体何の料理を提供する店なのかと言いたくなる程に器のデカイ店主の言葉には笑ってしまい、また、五郎が食べている最中に料理を堪能するレクチャーを始めてしまうなど、早く言ってよと思わず突っ込みまで楽しめる変わり種の店主がいる浅草はディープだなと思いました。

井之頭の中に食に対する失敗はない

今回は浅草に訪れていました。仕事が終わり、お参りへ行こうと足を進めていた井之頭ですが、食欲に負けて食探しにすぐに切り替える様子が面白く、いつも通りに食事処を空腹と相談しながら探す姿に笑ってしまいました。今回入店したお店はタイ料理店で、浅草の風景から浮いた店構えに惹かれてそのまま入店していました。初めての場所ということに躊躇しないのは、好奇心が勝っているからと感じ、一人で楽しむ術を知っているからできる行動だと感じました。メニュー表を見つつ、他の席で食べていた人のメニューに惹かれてチムチュムという鍋を注文していました。注文したものの、出来上がりの時間を確認した際、30分かかると聞きいて慌てて追加注文する井之頭が見られ、待ちきれない空腹感を感じました。追加注文したローストポークのサラダを夢中で頬張る姿に美味しさと空腹の限界を感じました。その後、注文していたチムチュム鍋も到着し、並んだ具材を鍋に楽しそうに入れる姿や出来上がる様子を嬉しそうに見守る姿に可愛らしさを感じました。美味しさに感動しながら、再び具材を煮込もうとしたときに店主が本来の作り方を教えてくれ、「先に教えてくれよ」と心の声でツッコミを入れる井之頭がいましたが、作り方の違いで味も変わるということに楽しんでいるように感じました。失敗と感じてしまう出来事も井之頭にとっては新たな発見を見つけるきっかけにしかすぎないと感じ、そういう見方もあるのかと井之頭の考え方に感化される回となりました。

浅草でまさかのタイ料理屋さん

毎回毎回仕事終わりのランチなどでいろんなお店を巡っています。本当に気軽に入れる実在するお店で食レポをドラマにした感じです。6話では浅草でお仕事し、その後のランチでしたが、浅草なのにまさかのタイ料理屋さんでした。メニューに無くても材料があれば何でも作ってくれるそうで、その辺りは本物のタイの食堂と同じだなと思いましたが、オーナーは思いっきり日本人のおじいさんでしたね。そしてチムチュムに入っていたハーブも日本のネギと生姜に見えました。材料は日本で手に入る物で作ってるのかな。ローストポークのサラダのナムトックムーもご飯に合っていてとても美味しそうでした。最後にご飯をチムチュムに入れるところは日本人だなぁと思いました。毎回自由に美味しそうな食べ方を教えてくれるのも楽しみです。今回もお店に行ってみたくなりました。

好き嫌いが分かれそうな本日のメインディッシュ、イサーン地方の鍋チムチュム。

まずは今回の舞台が浅草だったのが一番のサプライズ。浅草と言えば毎シーズン最終話の五郎さんのお決まりのセリフ、「さあ明日は浅草か~」でしか登場しない地名なので、舞台になる事はないと思っていたのに・・。さて内容ですが、今シーズンは全体的に前半のビジネスシーンが少しコントじみすぎている気がする。まずシーズン1や2辺りと比べると五郎さんのキャラが変わりすぎ。もう少しクールというか、タフガイな昔の五郎さんが好きです。肝心の料理ですが、結論から言うと個人的には失敗回でした。ハーブがベースの鍋、というだけでちょっと鼻から変な香りが抜けていきそうなイメージ。決してパクチー等の香草系が嫌いなわけではないんですが、あくまでも付け合わせとしてならOKですが、スープのベースになるとなるとどうかな?と思う。おまけに具材もえのきだとか春雨だとか、なんだかカメラ映えしないものばかりでちっとも食欲をそそられませんでした。中国の火鍋や韓国のチゲなどに比べると見た目のインパクトが薄すぎましたね。あと、1品目のローストポークを白飯に乗せて食うのはさすがにやりすぎ!絶対合わないと思いました。