ミス・ジコチョー(4話)の見放題・見逃し配信動画【無料版】

動画配信情報

4話の見放題配信(全話無料)

各動画配信サービスはお試し期間があり、この期間を利用すると無料で見放題できます。期間内に解約すれば、一切お金はかかりません。

U-NEXTは31日間無料で利用可能!

  1. 無料お試し期間は31日間。
  2. 期間内に解約すれば一切お金はかからない。
  3. NHK特典のお試し入会で1,000円分のポイントが貰える。
  4. 約100種の電子雑誌を読み放題できる

だから、今ならU-NEXTのお試し入会はかなりお得になっていますよ♪

U-NEXT
無料見放題はコチラ

4話の見逃し配信(11月15日まで)

見逃し配信サービスは無料視聴できますが、「放送から1周間以内」「視聴中のCMが多い」というデメリットもあります。

4話の展開予想

次回は医療事故がテーマなので、どんなストーリーになるのか注目しています。ゲストキャストに寺脇康文さんも出演し真奈子と対立するようなので、2人のやり取りも楽しみです。最後に真奈子が事故の原因を究明してくれるとスッキリするので、真相に挑む過程も楽しみにしています。
病院内という密閉空間の更に手術という専門的過ぎる部分に、亡くなった患者の家族は医療ミスを疑う案件に、失敗学の真奈子が興味を持って挑むものの医学に乏しく、病院側の弁護士の巧みな戦術に翻弄されっぱなしになり、真奈子の見立てが全て失敗してしまう危機に陥る物語だと予想しています。
次回は医療事故の話になるようですね。
なかなかきわどい話になっていきそうな予感がします。
医療ミスであれば手術をした医師、そして病院側の責任問題が出てきます。
やはり事故調査委員会の委員長、弁護士と真奈子は対立していくようで、どうやって手術の再実験をするのか?とても楽しみです!
栄倫会病院で医療事故の疑いがある手術が行われた事が分かった。事故調査委員会に参加した真奈子と燈は、シイナという担当医者の事や手術の現場に居た関係者に話を聞くが、確たるミスは見つからず、テレビ中継での中間報告で手術に問題なしと発表する真奈子達だった。という展開が予想されますが、一見以上無しと見られた手術にどんな失敗が隠されているのか?それを非協力的な状況下で真奈子達がどの様な実証実験をして暴いていくのか?等々が、個人的に楽しみにしている期待のシーンです。
心臓手術の結果、患者が死亡した事故で真奈子は病院の隠蔽があるのではと疑ったのだが、証拠がなく苦戦を強いられました。真奈子は手術の再現実験をやりますが、心臓手術で使う人工心肺装置に問題がある事が分かりました。

4話の感想・考察(ネタバレ)

真奈子が誰かに利用されている。

今回は医療ミスの話でしたが、患者のやけどがどうして起こったのか、元看護師の私でさえ考えるのは難しかったです。電気メスで覆布(おおい)に引火が起こったとしか考えようがありませんが、そこに消毒用アルコールが塗ってあれば、引火は起きそうです。工学者の天ノ真奈子に送られた動画はフェイクの可能性もあり、手術の助手を務めた男は病院に恨みがあって、内部告発と似せて、動画を送った可能性もあり、いずれにしても後編が楽しみです。助手の男を演じたのは野間口徹さんで、ドラマの「あなたの番です」に出ていたのでその時も謎の男を演じていました。今回もそうではないかと思いました。医療ミスが嘘で真奈子が利用されただけだとしたら、次回のように真奈子の地位が危なくなります。

真奈子実験で無念な結果

父の遺体に異変を感じた息子が写真を撮った。遺体は胸に残った変色は、医療ミスにしか思えないほどのものだった。

医療ミスの真相に挑む真奈子、病院側の弁護士が敏腕と思われ、真奈子が失敗学を述べ立ち向かっても、弁護士医師免許を持っていて手強い人物で全く動じず気になる行方となる。
患者の手術の記録時間が曖昧なように思え、病院側は医療ミスを隠ぺいしていると感じる。
真奈子が患者が火傷にあったと思い、手術の再現で挑む電気メスの実験の結果は失敗に終わり、中間報告で真奈子が疑いを晴らすことのできない結果が無念だった。
これでこの事故委員会は終わりとなると思った。

真奈子の所に火傷の映像のシ-ンを送られる意外な展開に度肝を抜かれる。

天才の真奈子に匹敵する弁護士の守康のライバル登場。

医療ミスに工学部の教授が挑むという事からしても無理があるようにしか思えない所を、失敗学の権威である真奈子が颯爽と解決する展開を期待していましたが、病院という表向きは開かれていても内情に関しては何一つ漏らさない隠蔽体質と思われても仕方がない徹底した職員管理の元では、さすがにそうは上手く進まない内容は医療ならではの重々しさを感じました。
真奈子と対峙する弁護士の守康が腹が立つ程に言葉が巧みで、真奈子の豊富な知識の上をいっていて更に全てが正確であるために打つ手無しの危機的な状況が、前回までの事故調査委員会での真奈子の圧勝的な物語よりも緊迫感があり濃密にしているなと思いました。
ただ、物語が医療問題だけに長くなってしまうために続き物にしたとは思いますが、1話完結のスッキリ感が無かった所は残念な気持ちになりました。

本当に医療ミスが起こったのかもしれないとにらむ真奈子!

事故調査委員会の会合で委員会のメンバーほとんどが、亡くなった患者の執刀をしたのは、今までにも救急で何度も手術をしてきたベテラン医師なだけに医療ミスはあり得ないと考えるのに対して、堂々といつもの真奈子節でベテランであっても医療ミスは起こると「起こり得ることは起こるんです!」と意見を述べるところ良かったですね!
いくつかのベテランによる医療ミスを述べるものの、弁護士であり調査委員会長の守安から「B型ではなくA型です。」と訂正されるまでは、真奈子のかっこよさが際立っていました。
何かにつけて守安が止めにかかろうとする様子に、何かあるのではないか?と真奈子が思い、医療ミスをされたかもしれない家族に会うと「病理解剖をするとまた切ることになると言われて、、。」と暗に解剖することを止めさせるような口調だったことに「失敗の匂いがする!」と言って事故調査を受けるところ、いかにも真奈子らしいと思いました!
事故調査委員会の中間報告では、真奈子も手がかりが見つけられず、ここまでか!となりましたがギリギリで、真奈子のスマホに手術中に起こった 事故動画が送られてきて、発表したことにとても興奮しました!

真奈子対守康

真奈子(松雪泰子)にテレビの密着番組の取材がついたことにより、予想以上に緊張している真奈子でしたがイメージ的には我関せずだったんで意外な焦りぶりでした。歩いて躓いてこけたりとらしくない真奈子でした。それを笑いながら見ていた秘書辻留志保(須藤理彩)、助手西峰郁美(高橋メアリージュン)が見なかったことにして真奈子に聞いたらいつも通りだよと強がるところが面白かったです。今回は医療ミスの問題ということですが普段からドラマやニュースなどでも医療ミスについては聞きますが実証しにくいのが多いのが印象です。今回も真奈子は医療ミスを完全に予想しているが事故調査委員会・委員長守康(寺脇康文)に邪魔をされて対決気味なのが面白かったです。