ニッポンノワール(4話)の見放題・見逃し配信動画【無料版】

動画配信情報

4話の見放題配信(全話無料)

各動画配信サービスはお試し期間があり、この期間を利用すると無料で見放題できます。期間内に解約すれば、一切お金はかかりません。

huluは14日間無料で利用可能!

  1. 無料お試し期間は14日間。
  2. 期間内に解約すれば一切お金はかからない。
  3. 海外ドラマのFOXチャンネルをリアルタイム視聴可能。
  4. 全ての作品が見放題

だから、今ならhuluのお試し入会はかなりお得内容になっています♪

hulu
無料見放題はコチラ

4話の見逃し配信(11月10日まで)

見逃し配信サービスは無料視聴できますが、「放送から1周間以内」「視聴中のCMが多い」というデメリットもあります。

4話の展開予想

南部課長が碓井を殺害したのかと思われる展開になってくる。
清春は才門を信じるのか、南部課長を信じるのか気になる行方である。
克喜と清春の関係が次第に信頼関係を築くことで、次第に克喜の心も開かれていくことを期待する。
南武の克喜に対する振る舞いを見ていると、たしかに息子に対するそれに見えなくもありません。そう思うと彼もまた碓氷殺害犯ではない気がします。でも立場上、遊佐や柴門も知らない何かを知りながらも黙ったままでいる可能性は高いと思うんですよね。それを遊佐が上手く聞き出せればいいのですが、仮にも一課長にまで上り詰めた男を相手に戦いを挑むとなると苦戦は必至。柴門に比べれば物腰穏やかでやりやすそうですけど、もしかすると彼異常に手強い相手かもしれません。
遊佐は、恋人の星良が殺害された才門の疑っている捜査一課長の南武を調べ始めると共に、殺害された碓氷が残していたUSBメモリーに残されていた事を才門の話から聞いているだけで、本当かどうかわからないために才門の動きにも目を見張らせる誰も信じられない緊迫した状況が続くと思います。
才門の話により、ホンボシは南武なのか?と疑い始めた清春。
事件当時には南武にはアリバイがあるようですが、南武は人の弱味を握り脅すということを水面下でしているようで、、。
どうやら南武も一筋縄ではいかない相手のようですね!
次回は南武のことを疑い始めた清春が何を掴むのか?楽しみにしています。
才門は未だに姿を見せない一方で、遊佐は才門の言うことを信じて、独自に南武のことを調べるようになる。それで、南武は遊佐に疑われていることに気付き、遊佐とマンツーマンで話すという展開を予想する。遊佐は才門と南武、どちらの方を信じるべきかに期待したい。

4話の感想・考察(ネタバレ)

警察とベルムズの関係

才門が犯人のように思えたが、今度は南武が怪しく思えてきた。
警察組織の隠ぺいが絡んでいるようで、10億円強奪事件は警察組織が関わっていることに間違いがないようだ。
公安部の才門と警察の南武が犯人なのか、清春がどちらを信用するのか見どころとなる。

克喜が薫が亡くなった日に一緒に映した写真のことで、南武と会う約束をする勇ましい克喜に驚いた。
薫が、克喜は清春の子供と記憶が戻り衝撃を受けた。

清春や南部まで襲われ、警察内部に裏切りものがいるのは確か、誰もが犯人に思える。
ハングレ集団ベルムズが関わっていることや、ファイク動画が撮影された事実を知り、「3年A組 今から皆さんは人質です」の内容にまだ何か隠されていると感じる。

やっぱり遊佐が犯人なのか?

冒頭でこれまでのダイジェストを流してくれたのは正直助かりました。毎回衝撃の展開が続いていて、そのインパクトのあまりに細かい所を忘れてしまう事もあったので……。今回のお話で捜査一課の男性陣には一通り疑いがかけられ、それが一応は晴らされたという形になりました。が、最後の最後に主人公である遊佐本人に再び碓氷の殺人容疑がかかるという形に。やっぱり碓氷の死亡前後だけ記憶喪失というのは怪し過ぎますし、克喜のあの暴力衝動みたいなものも遊佐の遺伝子を感じさせますから、彼と碓氷の死には何らかの関係があるのでしょうね。しかし「ニッポンノワール」と名乗る組織の存在が浮上してきて、「そんな組織が何故に遊佐を巻き込んだのか?」と新たな疑問もわいてきます。遊佐も実は組織の一員だったのでしょうか? どんどん謎が増えてくるので次回も楽しみです。

やっとドラマの本質が伝わり楽しめる回。

遊佐たち登場人物たちの異様なハイテンションと訳がわからない絶叫に物語が何なのか全てを忘れそうになってしまう展開には驚きしかなく、ほぼ呆然となる数々の場面が印象が強すぎたためにドラマ自体を見るのを、今回限りとリタイアを考え決意して見た所、冒頭から時間をかけて今までの放送で起こった出来事や判明した事実を時系列に並べて分かりやすく説明しているのを、記者をしている咲良が事件原稿を作成しながらというキャラクター性を生かしつつ、視聴者に物語に引き込む演出は完璧で見事という構成でした。
物語も遊佐を始め演技力が高い俳優たちによって引き込まれ、更に激しい格闘シーンと見せ場がたっぷりと、正義と闇の狭間にうごめく人間の弱い感情心理が表現が素晴らしく最高の放送回だったと思いました。

ニッポンノワールは警察の地下組織の名前!

タイトルの意味がついに明らかになってかなりドキドキしました。
警察の地下組織であるニッポンノワールがこれから清春たちとどんな戦いを繰り広げていくのかがかなり楽しみです。
また、才門が結局的なのか味方なのかはっきりしないところがとても気になります。
今回は清春のことをニッポンノワールから救い出してくれたけれど、あのタイミングで助けられるというのもなんだか不審に感じました。
さらに、やっぱり克喜の父親は清春だったのかと衝撃でした。
警察学校で初めて出会ったときに寝たと話をしていたというのが事実だったということは、清春は薫に関わる全ての記憶がなくなっていたということなのかなと思いました。
これから今回のように少しずつ思い出していけば、事件の真相も見えてくるのかもしれないなと楽しみです。

登場人物全てがまだまだ容疑者!ノワールがブランになり得ず混戦中!

相変わらず登場人物が告げていることが本当なのか嘘なのか。まだまだはっきり見えにくいまま続いている様に感じます。そして「克喜はあなたの子ども」だと告げる碓氷の言葉とシーンを思い出した主人公でした。しかし、通常で考えれば清春自身が言われていると考えるのが妥当なシーンでしたが、裏切るのが大好きな物語ですので(笑)、それすらも誰かに碓氷が言っていたのを清春が見て聞いただけの記憶で克喜は清春の子どもではないのかもしれないと疑ってしまいました。(笑)更に謎の組織「ニッポンノワール」の存在も浮上してきました。視聴者としてはすでに脳内が情報整理できなくなってきていますが、全ての謎がきれいに繋がっていつかすっきり終えることができるのでしょうか?(笑)そして相変わらず日本の正義である警察官が全てアウトローな人達にしかみえない状態ですが、これがおもしろいと感じつつも、警察設定にしなくてもよかったのではないかと思ったりも。この先にこの設定だったからこそ!の展開を期待したいです。