ミス・ジコチョー(3話)の見放題・見逃し配信動画【無料版】

動画配信情報

3話の見放題配信(全話無料)

各動画配信サービスはお試し期間があり、この期間を利用すると無料で見放題できます。期間内に解約すれば、一切お金はかかりません。

U-NEXTは31日間無料で利用可能!

  1. 無料お試し期間は31日間。
  2. 期間内に解約すれば一切お金はかからない。
  3. NHK特典のお試し入会で1,000円分のポイントが貰える。
  4. 約100種の電子雑誌を読み放題できる

だから、今ならU-NEXTのお試し入会はかなりお得になっていますよ♪

U-NEXT
無料見放題はコチラ

3話の見逃し配信(11月8日まで)

見逃し配信サービスは無料視聴できますが、「放送から1周間以内」「視聴中のCMが多い」というデメリットもあります。

3話の展開予想

ライブハウスで事故が起きて、メンバ-の女性が死亡する事故が起きる。
直ぐに逃げ出せは死亡するとは思えなく、何か意図的な部分を感じる。
会場を盛り上げるための装置に、何らかな不具合が発生して、火災が起きた原因を探ることになる真奈子は、事故調査仕事を内緒で行う。
失敗学研究者の真奈子はライブ会場の死亡事故の原因が空調機器からと断定したことから、助手の野津田が以前に勤めていた職場で、辞めた理由が野津田の失敗で損失を与えた出来事があったとわかり、真奈子がその出来事と今回の死亡事故が関連した原因で発生したと解明し、野津田の名誉挽回をする展開になると期待しています。
あるガールズバンドのグループが演奏していたライブハウスで火事になる騒ぎが起きる。その後、バンドメンバーだった女性が自殺を図る騒ぎも起こる中で、天ノ達は火事の原因を突き止める為に乗り出すのだった。という展開を予想していますが、天ノならではの失敗学からどんな真相を導き出すのかを期待して見たいと思っています。助手の燈も電機メーカー勤務時代に何かの失敗をしていたシーンが度々描かれていますので、そんな燈がどんな失敗をして、今も悩んでいるのかも知りたいなと思いました。天ノもバツイチである事や、人類の大失敗と考えている原発事故をやり直せないかとタイムマシンを研究中ですが、それが本当に完成するシーンにも期待しています。
ライブハウスでの火災事故での原因となった可能性がある業務用空調機が谷津田がかつて勤めていた会社で作られたものだった。谷津田が古巣相手に萎縮してるのをどう真奈子が奮起させるのか見ものです。厳しくいくのか優しくいくのか気になります。
ライブハウスの火災の原因が業務用空調機械からだと分かります。その機械を扱っている会社がなんと野津田の元職場であり、自分の失敗でトラウマがある会社です。野津田はそれと向き合わなければならなくなります。でもきっと真奈子は事故の原因をちゃんと解明しながら、野津田の背中を押してくれ、過去を乗り越えてくれると思います。

3話の感想・考察(ネタバレ)

過去を乗り越えた野津田

過去の失敗を引きずる野津田が、自分の失敗と向き合っていく姿は見応えがありました。それを見守る真奈子や、志保たちのフォローも優しくて、いい職場に恵まれている野津田が羨ましいです。いつもは強気な真奈子ですが、ロボットアームの失敗に凹んでいる姿は意外でした。しかも野津田の前で思わず泣いてしまうほど落ち込んでいたことも分かり、驚きでした。でも、弱い部分も見えて、真奈子の新たな一面が可愛くもありました。野津田を助手にしていることは、能力的なことだけではなく、人を癒すキャラクターが大きいのだろうと思います。失敗した時は逃げる、愚痴を言うなどの真奈子の持論は印象的でした。失敗したら落ち込むのは当たり前という言葉で、気持ちが楽になった人も多かったと思いました。

天才の失敗から立ち直る方法は必見。

失敗学を楽しんで研究している変わり者の真奈子に、いいように振り回されながら助手をしている愉快な野津田の設定で電機メーカーに勤務していたと記されていたのが気になっていましたが、今回は野津田のキツイ状況が描かれる内容だっただけに前回までとは違って面白さが少なくなっていた感じを受けました。
また、本業を放っておいて失敗学の研究をしていても何ら支障が出ない天才だと思っていた天ノ真奈子にも、予想外に失敗学が掛かる内容で天才と呼ばれてはいても感情の並みが必ずある人間だと描かれ、立ち直りに必要な事をほとんどの物語で言われるポジティブ思考と言わない点は好印象で、誰もが活用できそうな言葉で伝えて救われる気持ちにさせていた所は素晴らしく感じました。
人は失敗する事が多く、それをどう活かすかはその人自身でもあり、周りの人々にもあるという所に納得しました。

失敗があってもそれを乗り越える強さが大事

今回は野津田の過去のトラウマも繋がっていて、とても見ごたえがありました!
過去にエアコン会社で勤めていた野津田は、会社のため、その製品を使う人のために、「もしもこのことが原因で事故が起きたら大変なことになる!」と思い、部長に意見を言ったんですよね。
確かに問題はなく会社に大きな損益を出すことになったわけですが、悪意があったわけではないのに執拗に部長から責められた野津田。
とても可哀想でした。
だからそのトラウマから失敗が怖くなって、もしかしたらこれが原因かも?という仮説がたてることが出来ても、真奈子の立場を悪くするといけないからと、なかなか事故調査委員会で自分の意見を言えませんでした。
しかし、真奈子の失敗をみて、そこから立ち直っていく様子をみて、自分もそうありたい!と思って事故調査委員会で自分の仮説を言うところ、とても感動しました!
その仮説を真奈子が後押しでするところ、男気があってカッコ良かったです!

燈が立ち直った事故調査だった。

ルーズマリーのライブ火災事故調査をする事になった、真奈子と燈が、事故原因が花火の火薬が強すぎた為と思われる中で、ユニゾンエアーという会社の冷房職人アウーラという大型エアコンに問題があったのではと、話が展開していったのが真相が気になるなと思わされ、楽しく物語を見られました。火災原因が燈の予測したアレが原因で、それを捕捉する様に真奈子が盲点を突いた実証実験でミスを暴いた展開は、部長の黒島をギャフンと言わせて、見ていてとても痛快に感じられました。そんな天才工学博士の真奈子も失敗した事があり、飛び降り様とした事がある、と志保達から吹き込まれた燈が心配して真奈子を探し回り、あげく須津川渓谷でバンジージャンプをさせられた燈を見て、スッキリした、と喜ぶ真奈子のドSな一面も見られたのも笑って楽しく見られました。

助手の野津田が過去のトラウマから立ち直れるのか。

今回は工学者の天ノ真奈子もフォローするのですが、野津田燈(ともる)が過去のトラウマから立ち直れるのかという話しでしたが、真奈子が野津田の失敗を上手くフォローしていて、良かったです。真奈子は野津田のためにわざ逃げたのだと思いました。ロックバンドをやっている4人の女性も上手くいっていなかったのですが、事故がきっかけで死んだメンバーが何をやりたかったのか分かって、またバンドを続けるきっかけを作り、良かったと思いました。バンドのメンバーが作った歌が良くて、これからも放送してくれないかなと思いました。真奈子は母の南雲喜里子との仲が回復できなかったのは残念でした。でも、いつかきっと仲良くなる日が来ることを願っています。