同期のサクラ(4話)の見放題・見逃し配信動画【無料版】

動画配信情報

4話の見放題配信(全話無料)

各動画配信サービスはお試し期間があり、この期間を利用すると無料で見放題できます。期間内に解約すれば、一切お金はかかりません。

huluは14日間無料で利用可能!

  1. 無料お試し期間は14日間。
  2. 期間内に解約すれば一切お金はかからない。
  3. 海外ドラマのFOXチャンネルをリアルタイム視聴可能。
  4. 全ての作品が見放題

だから、今ならhuluのお試し入会はかなりお得内容になっています♪

hulu
無料見放題はコチラ

4話の見逃し配信(11月6日まで)

見逃し配信サービスは無料視聴できますが、「放送から1周間以内」「視聴中のCMが多い」というデメリットもあります。

4話の展開予想

次回の主役(?)は蓮太郎。ネガティブ思考な彼が相手となるとサクラもけっこう言葉を選びながら接していき……ますかね? 蓮太郎にとってはストレートに言葉をぶつけてもらう方がかえって気が楽かもしれません。そうした辺りをサクラが彼女なりにどう考えて接していくのかが楽しみです。
念願だった設計に携わる蓮太郎は国家資格の取得で難航してしまい、同僚の単なるからかいから蔑む行動へと変化していき職場にいるのが辛くなり、ある日に不満が爆発させようとした所を、まだ希望する場所にさえ立っていないサクラにその力を爆発させるのは画期的な設計をするために使うべきで、何もできないサクラ自身は目の前にある仕事に没頭するしかないと初めて自由奔放に見えていたサクラの苦悩を漏らす展開になると予想しています。
次回は桜が1年ぶりに人事部へ戻ってくるところが、楽しみです。そして同期の蓮太郎がイライラしていて、カッターを持ってどこかへ向かおうとしているのがすごく気になります。
また桜が止めようと体を張るところに期待したいです。
月村百合が結婚、会社を辞める事を撤回して生まれ変わると宣言したんでどんな風に変わるのか楽しみです。同期の清水菊夫、月村百合の2人がサクラに救われ、今回は土井蓮太郎が予告動画で無断欠勤したり、カッターナイフを振り回したりしていたのをサクラや同期の人間がどう救っていくのか興味あります。
プライドが高い上に傷つきやすく周囲に心を閉ざす蓮太郎の話と予告になるので、蓮太郎が立ち直るまでをつづるのだろう。
こうして、ひとりずつ同期のやみを消していくサクラは、皆のこころのよりどころとなっていく。皆でサクラが目を覚ますことを待ち望み、
最後は目を覚ます、また、会社でひと騒動という感じにサクラに救われていく様子をみていきたい。

4話の感想・考察(ネタバレ)

蓮太郎が引きこもり、同期が支える

4年目を迎えたサクラは、人事部に戻りメンタルケアヘルスプロジェクトの担当になりホットしました。

設計部の蓮太郎が一級建築士に合格出来ていなく、設計の仕事は好き蓮太郎だったのに、同僚たちがコンペの時間をわざと教えない意地悪に腹がたつ。
当然、蓮太郎も怒りを抑えきれずカッタ-を持ち出し、それをかばったさくらは怪我を負ってしまいショックな出来事だった。

蓮太郎が家に引き込まり、サクラが同期の仲間を連れ会社に戻るように説得するが、マイナスばかりの蓮太郎はもう会社に戻れないと感じ、サクラも呆れたことが意外だった。しかし、設計部の上司に掛け合い、蓮太郎の設計を同期の仲間たちが手を加えをしていたことに感動した。
蓮太郎のいい部分をたくさん語るサクラ、BGMが流れ出し涙がこぼれてしまいとても良かった。

あそこできちんと謝れた蓮太郎は凄い

序盤は「社内イジメなんて酷いな…」と思いながら見ていたのですが、その後の蓮太郎のネガティブ過ぎる言動を見ていく内に「これって問題は蓮太郎にあるんじゃないか?」と思うようになっていきました。どんな理由であれイジメは悪いに決まっていますが、しかし言われてみれば設計部の社員も昼休憩時には彼を昼食に誘おうとしてくれていましたよね。そしてそれを蓮太郎が断り続けていた様子です。なので最後にその蓮太郎が「今までの俺は最低でした!」と自分の非を認めながら頭を下げて、彼の方から周囲に歩み寄る努力を始めていくというラストは凄く良かったと思います。そして最低だった頃の蓮太郎を見ても「自分達は同期の仲間なんだから」と彼を見捨てずにいてくれたサクラ達4人の友情も美しかったです。

蓮太郎のマイナス思考も問題だが、マイナス上司がもっとダメ。

蓮太郎の独特な雰囲気は必ず何か起こるとずっと気がしていて、拘りのありすぎる偏屈ぶりを設計という仕事や会話の中で病んだようなモノを感じさせるために職場の関係が悪化していくのかと予想していましたが、ごく普通のダメな人間が集まる部署という流れに感じられたので残念な印象を受けました。
サクラたちと上司の世代間ギャップというものが物語の中に上手く散りばめられ、現実社会においても必ずある事ではあるものの、サクラたちの会社のやんわりとしたブラックが強く誇張し過ぎな感じを受けてしまい、更に蓮太郎の出来事においても全ての事で蓮太郎が悪いわけではないのに全てを謝罪をするのは行き過ぎのように感じました。
蓮太郎の父親が転職した行動に賛同した家族に対する違和感から批判する行動が、何だかわからないままに良い関係に変わるのがもったいなく、蓮太郎の考え方が好転するきっかけになる家族の関係も入れておけば良かった気がします。

桜の信念の強さ

同期の林太郎君をどうにか救おうと、毎日毎日自宅に通ったり説得する方法を考えたり、桜の思いやり新年は本当に強いものです。現実に、こんな時がいたら心から救われ流だろうしとても感動することも多く充実した人生になると思います。凛太郎くんは、仲間に救われとても恵まれているなぁと思いました。小さなことがきっかけで、大きなことを成し遂げることができるのが人生だなと改めて痛感したストーリーでした。
何事も、辛い時期があってこそ輝ける時期を迎えることができると言う事はこのドラマを見ていてもよくわかります。仲間意識と林太郎君を強く思う気持ちと、真心を考えさせられ、ました。今までの第一話から第4話の中で、今回が1番感動する内容でした。

同期の友情

サクラの同期・土井蓮太郎が一級建築士の試験に落ちて設計部の中でも浮いている存在だった。バカにされている状況の蓮太郎にトドメを刺したのがコンペの時間変更を1人だけ伝えられ無かったことで蓮太郎はキレてしまう。カッターナイフで刺そうとしたがサクラが止めに入るがサクラが5針縫う傷を負い、蓮太郎は会社を辞めることを決めますが、そんな蓮太郎を自分が刺されたにも関わらず会社に来るよう声をかける健気なサクラは優しいです。同期を喫茶店に呼び出して蓮太郎君の家に一緒に行って声をかけて欲しいという場面はものすごく好きなシーンでした。ドラマとはいえこういうのって良いなぁと思えるシーンでした。一貫性があり強きに向かっていき弱きを助けようとするサクラを見た人はファンになると思います。