同期のサクラ(3話)の見放題・見逃し配信動画【無料版】

動画配信情報

3話の見放題配信(全話無料)

各動画配信サービスはお試し期間があり、この期間を利用すると無料で見放題できます。期間内に解約すれば、一切お金はかかりません。

huluは14日間無料で利用可能!

  1. 無料お試し期間は14日間。
  2. 期間内に解約すれば一切お金はかからない。
  3. 海外ドラマのFOXチャンネルをリアルタイム視聴可能。
  4. 全ての作品が見放題

だから、今ならhuluのお試し入会はかなりお得内容になっています♪

hulu
無料見放題はコチラ

3話の見逃し配信(10月30日まで)

見逃し配信サービスは無料視聴できますが、「放送から1周間以内」「視聴中のCMが多い」というデメリットもあります。

3話の展開予想

次回は百合の回で、会社での評判はいいものの、裏の顔を持つ百合がキレる姿がまた見られるのではないかと思います。事なかれ主義で言いたいことや思ったことを口に出さず、上司の顔色をうかがう百合が、サクラの言葉でどう変わっていくのか見ものです。
百合を取引先の男性のセクハラから守ったものの、逆に怒られてしまうというサクラ。セクハラは普通にアウトなんでサクラの行動は正しいと思いますけど、それでもサクラがやると「またお前は……」となってしまうのが悲しいですね。これもやっぱり最終的には同期の百合から感謝されると思いますが、他の広報部の社員達からどう見られていく事になるのかが楽しみです。
サクラと同期入社の百合は、全てを上手くこなそうとするあまりに自分自身を見失い、我が道を歩む事に頑張るサクラが羨ましいのに素直になれない気持ちから、サクラに激しく当たり散らしてしまう事で、放った言葉の中に本心があることに気付く展開だと予想しています。
次回は、別の同僚が何か問題起こすのではないかと思います。それに対してまた桜が色々とお世話をかけ、道路の気持ちを考え、前向きにやり直せるように支援していくのは予想されます。次は桜がおじいちゃんに対してどんなファックスを送るのかということもちょっと期待しています。
さくらが百合に対してブスと言って揉めていたのがかなり気になります。
百合はかなり怒っていて、さくらに掴みかかっていたので何があったんだろうかとドキドキです。
百合の抱える悩みをさくらがどう捉えるのかが楽しみです。

3話の感想・考察(ネタバレ)

何でも言い合える大事な友達

今回は広報部の百合と仕事をすることで女性同士のバトルが勃発! 同性間だと喧嘩にも遠慮がなくなっていくので見ていてハラハラドキドキする言い争いになっていましたね。サクラが新潟弁で怒るシーンがありましたけど、彼女があれだけ自分の中の怒りを言いたい放題できるのは同じ女性で同期の百合だけだったりするのかもしれません。きっと他の同期や上司達が相手なら、あんな風には怒らなかったのではないでしょうか? あの百合との喧嘩を見ていて「今までのサクラはあれでも自分を抑えながら動いていたのかな?」なんて感じてしまいました。じいちゃんも言っていましたが、あんなに本気でぶつかり合えず同期の友達がいる事は貴重だと思います。この友情はずっと大事にしていってもらいたいですね。

仲間内の気持ちが変わるだけの物語。

このドラマが始まった当初は主人公のサクラが様々な出来事に忖度無しにルール通りに物事を進める真っ直ぐな人間だと思っていましたが、今回の冒頭部分でのアパートの隣に住む緊急事態の住人に対する行動だけは破壊してしまうような異様さに感じられ、本来のサクラの魅力とはかけ離れ過ぎていた感じを受けました。
また、同期の見た目だけの百合に対するサクラの考え方が同期の仲間だからか、百合の暴言だらけの欲求不満言葉を放たれた事をちゃんと叱ってくれると肯定的過ぎる捉え方は忖度と慮る考えの混合したものとしか思えず、論点ズレに感じました。
同じ会社の上司の無自覚なハラスメント行動と言動、取引先の下心全開の専務など、女性社員が打破できない状況を真っ直ぐなサクラによってもう少し明るくなれる展望が描かれふようにしておいて欲しかったと思いました。

桜と百合の言い合いが印象的

今回は桜と百合が同期のみんなに、インタビューをしていたのが良かったです。3年経ってそれぞれの場所で、みんな頑張っている感じに思えました。
そんな中で2011年3月11日に震災が起きて、人事部の桜は安否確認や物資を運んだりしていたのが、リアルだなと思いました。
また桜と百合の言い合いは迫力がありました。お互いのことを理解できず、本気でぶつかり合っていたところがすごいなと思いました。どちらも引き下がることなく強いなと感じました。
桜がおじいちゃんに喧嘩のことを伝えると、彼女と別れるなと返信が来たのは心に響きました。その言葉から桜は、最後の最後まで百合にちゃんと気持ちを伝えていたところが、立派だなと思いました。

サクラの存在感

同期のサクラは花村建設の同期の5人が社会での大変さを皆で助け合いながらサクラを中心に乗り越えていく、そんなドラマです。北野サクラは融通性が無く決めたことに一直線の女子社員。月村百合は同期の中では気が強いが、他の人の前では才色兼備な女の子。サクラに説得され結婚して会社を辞めるのを急遽取りやめて会社に残ることを決意する。木島葵は男前でプライドが高い、土井蓮太郎はオドオドしたマイナス思考で、清水菊夫は気弱な面もあるが熱血タイプでサクラに救われたこともあり、サクラに対して恋愛感情はないだろうが好意を持っている。5人がキャラをきっちり持っていて5人で集まる場面が少なくなってきたんでまた見みたいです。ケンカしながらも前へ進んでいく5人の物語で面白いです。

ゆりにも純真があった事が以外

いつもまっすぐ、純真なサクラが、同期のユリにぶつかって、最初はかわしてかわしてかわしていたユリも根負けという感じ。
勝ち組、負け組に分類し、自分が得をする行動を選択していく賢すぎるユリにたいし、それより自分がどうありたいのかではないのかとぶつかるサクラ。
サクラが近くにいたら、正直うざい。そんな風に生きられたらいいけど、生きられないなら勝ち組に入りたいというユリの感じ、とても共感する。
結婚退職するはずのユリが仕事に対して封をしているのをサクラはこじあける、こじあける、こじあける。
屋上でのふたりの対決シーンが面白かった。
なかなか、現実この両者にもなれない人が多い。だから、建前と本音のぶつかりあい、とても良かった。