孤独のグルメseason8(3話)の見放題・見逃し配信動画【無料版】

動画配信情報

3話の見放題配信(全話無料)

各動画配信サービスはお試し期間があり、この期間を利用すると無料で見放題できます。期間内に解約すれば、一切お金はかかりません。

paraviは30日間無料で利用可能!

  1. 無料お試し期間は30日間。
  2. 期間内に解約すれば一切お金はかからない。
  3. お試し中に500円分のポイントが貰えて、レンタル動画を無料で借らりれる。

だから、今ならparaviのお試し入会はかなりお得なんですよ♪

paravi
無料見放題はコチラ

3話の見逃し配信(10月25日まで)

見逃し配信サービスは無料視聴できますが、「放送から1周間以内」「視聴中のCMが多い」というデメリットもあります。

3話の展開予想

次回は大好きなロールキャベツ。これは見逃せません。
しかも、味噌汁付きというから、和定食っぽい献立のようなので、ますます好みのタイプ。
地下のBarで出すメニューなので、料理自慢のママが作る家庭的なお店かと思いきや、店内の様子は個性的な人達が登場する怪しい雰囲気。
どんな出会いがあるのか気になります。
五郎が商談で訪れた銀座でお腹が減ったので店を探すものの、五郎が好むお店が見つからずに迷いに楽しんで迷ってたどり着いた店が裏路地の薄暗い地下にある店で期待していなかった所に大きなロールキャベツに出会い、その美味しさにロールキャベツが五郎好物にランクインする展開と予想しています。
次回の孤独のグルメは「銀座のBarのロールキャベツ定食」
今まで居酒屋で食事を楽しんできた五郎ですが、銀座?Bar?
下戸の五郎には馴染みのなさすぎるワードが幾つも散りばめられていて、めっちゃ気になりますね。
Barで「定食」というそもそもミスマッチさも興味津々。
次回も絶対に見逃せませんね!
次回は銀座のBarでロールキャベツを定食を食すようです。
銀座での仕事の後、ランチを食べようと思う五郎。
しかし、飲み屋街なので店が開いておらず、歩き回った末に発見したBarでやっているランチ。
その味はまさに絶品!
このような展開を予想してみました。
これまでと同じようにただただ淡々と美味しいものを孤独に堪能し続ける五郎さんの姿を最終回まで延々拝み続けることになると思います。逆にいうとそれ以外はこのドラマにはあまり求めていないのでその世界観を貫き続けてほしいです。

3話の感想・考察(ネタバレ)

ロールキャベツの美味しさを余すところなく紹介。

今回のメインメニューがロールキャベツと料理だったことからか、ドラマ部分の俳優が岸谷五朗と室井滋というベテラン俳俳優を贅沢に使った濃い内容で描かれる所にビックリ、初めての展開のように思えていたらメニューに関してもいつもモリモリ食べる五郎が拍子抜けする展開にも驚きしかなく、初めてつくしの物語だったように感じました。
凄かったのはロールキャベツの魅力を余すところなく語りつくしながら、食べ方を変えて工夫する事で上手く視聴者を引き付ける演出が素晴らしく、いつものようにお腹が空いてしまうように誘導させられ、今回も制作者の巧みさに敗北しました。
ロールキャベツが美味しそうなのはよく伝わってきましたが、あの薄暗い地下のドアの雰囲気はわかっていても敷居が高いなと感じました。

ギャンブル回

今回の話は非常に微妙でした。最初の出だしこそ珍しく興味を惹かれるのですが、その直後の顧客と会って商談の会話の時点でちょっと引いてしまいました。まさかお店で我が物顔に振舞ったり、いきなりミュージカル宜しく踊りだす岸谷五朗は見ていてその外見とキャラの性格の差がありすぎて見苦しさを感じました。その商談が終わった後のお店選びもパッとせずゴローちゃんは空腹で自分の入りたいお店をギラギラした目で探してる感じがなくて拍子抜けしました。そしてお店でもなんかパッとしない感じで本当に今回の話で選ぶ必要あったのかなと思えるくらい違和感がありました。バーなのでランチは本職ではないかもしれませんが、内装込みで見てもバートいうよりスナックという感じにしか見えなかったのもマイナスです。それに台本の関係で仕方ないのでしょうが、食事しにきて事あるごとに話に夢中になり手が止まるのもダメでした。もしゴローちゃんが空腹で仕方ない状態であんなことされたら切れるんじゃないかと思う位酷かったです。唯一良かったと思えるのは出てきた付け合わせの紅白なますや味噌汁といった凡そロールキャベツには合わないだろと思わせるミスマッチングがゴローちゃんの演技のお陰で楽しめたという所だけです。

想定外も楽しむ余裕も、食を楽しむ一つの術

今回は中央区日比谷に訪れていましたが、仕事で疲れ気味なのか公園でうたた寝する井之頭がいました。今回も仕事を終えたと同時に、疲れたから腹が減ったと食探しを始めており、疲れたから食べるという行動が食を愛す井之頭ならではだと感じました。また、メインではなく、マイナーな道を選んでお店を探している様子にさすが井之頭と思わされました。今回は、ポークソテーと書いたお店の看板に惹かれお店を決めたのですが、入って早々ポークソテーがないと店主に言われてしまい、もう一方のロールキャベツ定食を選択せざるを得なくなっていました。不本意ながらの選択で少し残念そうでしたが、いざロールキャベツを始めると、手を止めずに食べ続ける井之頭がおり、その姿で美味しさが伝わってきました。最後には、ポークソテーがなかったことを感謝している井之頭がおり、こういう些細なハプニングが食事を楽しむ醍醐味なのだろうと満足そうな表情を見て感じました。今回も、井之頭に食を楽しむ術を教えてもらいました。

強烈キャラが一杯!

これまでのシリーズも全て欠かさず見てますが、その中でも今回のシーズン8は出だしのお仕事のシーンのやり取りが面白すぎます。今回も岸谷五朗さん演じる武者小路朱雀さんのやりきっりぷりが素晴らしかったです。出だしから大笑いしてしまいました。そして冷静にマクベスと突っ込む五郎さんがさすが。やり手の営業マンとしての腕を垣間見れたのかどうなのか。とりあえず面白かったです。
もちろんメインの食事シーンも相変わらずのクオリティー。そして今回は岸谷さんに続きお店の店主演じる室井滋さんのキャラも強烈で全体的に濃かったです。とりあえず久しぶりにロールキャベツを食べたくなったので、明日にでも久しぶりに作ってみようと思いました。

ロールキャベツ

第3話のプローローグは面白かったです。いつものようにクライアントのもとに商談に行く五郎でしたが、クライアントの武者小路朱雀に注文の像のカタログを見せようとしたところ、インスピレーションで探してくれ、イメージはリア王と言われタジタジになる五郎でしたが、武者小路がリア王を熱演している時、最後の台詞がマクベスだと気づき指摘した五郎に拍手をおくりました。今度は武者小路がタジタジになり、五郎にカタログを見せてと言った時は笑えました。そんな個性なクライアントに圧倒されて疲れた五郎は、空腹を満たすべく、銀座の街を散策してポークソテーの看板に惹かれて怪しげなお店に入ることにするのですが、ここでも個性的な女将さんが面白かったです。諸事情でポークソテーは出すことが出来なくて、仕方なくロールキャベツを頼む五郎でしたが、ヨーグルトと粉チーズの組み合わせが美味しそうでした。ロールキャベツのファンだという女性客も来て、おかみさんのロールキャベツは絶品なんだろうと感じました。私も食べたくなりました。