同期のサクラ(2話)の見放題・見逃し配信動画【無料版】

動画配信情報

2話の見放題配信(全話無料)

各動画配信サービスはお試し期間があり、この期間を利用すると無料で見放題できます。期間内に解約すれば、一切お金はかかりません。

huluは14日間無料で利用可能!

  1. 無料お試し期間は14日間。
  2. 期間内に解約すれば一切お金はかからない。
  3. 海外ドラマのFOXチャンネルをリアルタイム視聴可能。
  4. 全ての作品が見放題

だから、今ならhuluのお試し入会はかなりお得内容になっています♪

hulu
無料見放題はコチラ

2話の見逃し配信(10月23日まで)

見逃し配信サービスは無料視聴できますが、「放送から1周間以内」「視聴中のCMが多い」というデメリットもあります。

2話の展開予想

次回は入社一年後の話になるようですが、希望する土木部ではなく人事部に配属させられたサクラが、どうやら社会環境改善のために活躍する展開になりそうです。たしかに彼女の物怖じせず忖度もしないスタイルは、「身内だからこそ言いにくい……」といった場面で大きな成果を発揮しそうですので、サクラ自身の夢に繋がる下準備として社内の悪をバッサバッサと切り捨てていってほしいですね。
次回は営業部長に物申すということなので、どんな展開になるのかワクワクします。
過労ぎみの菊夫を助けるためだから、サクラはより一層張り切るんだろうけど、菊夫はサクラのことをどう思うんだろうかと気になります。
このことがきっかけで菊夫と本当の意味で仲間になれるといいなと期待しています。
希望の土木課に入れなかったサクラは少し落ち込んでいました。他の仲間は希望通りの部署に入れて嬉しそうだっただけにショックだったのでしょう。
次回は会社の組織に揉まれる新入社員の姿や友情が芽生えてくるのかなと思います。人事部に入ったサクラがこれからトラブルを巻き起こすという予告もあったのでその辺も注目です。
サクラの、元気な姿を早く見せて欲しい。なんであんなに怪我して病院に入院しているのか早く知りたい。同期たちと力を合わせて早く良い仕事をしているサクラがみたいです。このまま寝たきりのサクラでないことを祈っています。
次回は入社して二年目のお話になるようで、百合たちがどうなっているのか、サクラは少しでも変わったのか気になりますね!
営業部に所属した菊夫は、上司の桑原からの無茶振りなどで苦しんでいるらしく、その事を以前五人で集まった喫茶店で知ったサクラは、何かをしでかそうと一人考えているようで、一体菊夫のために何をするつもりなのか楽しみです!
忖度しないサクラならではが出来る桑原の懲らしめかたを見たいです!

2話の感想・考察(ネタバレ)

サクラの同期に対する思いに涙

2話では同期の菊夫が、評判の悪い上司によって過重労働させられていることを知るサクラが、菊夫のために奮闘します。上司の命令に逆らえず、無理な指示にも従う菊夫ですが、結局倒れてしまいます。そこでサクラが言った言葉に、感動しました。人を応援するのが好きな菊夫ですが、その菊夫に「今応援すべきは自分です」と言ったサクラの言葉が胸に刺さりました。無表情で真面目なサクラですが、人一倍仲間への思いが強く、仲間のために奮闘する姿は見ていて応援したくなってしまいます。始めはサクラのことを理解していなかった同期たちですが、サクラの有言実行する姿に徐々に心動かされているのも凄く分かります。回を追うごとに強くなっていく同期の絆に、これからも期待したいです。

同期以外が敵に回っていくかも…?

人事部にサクラを配置したのはなかなかの英断だったのではないかと、見ていて思いました。相手に対して何か否定的な意見を言う際、普通は「これを言ったら怒らせちゃうよなあ……」とか「今度やりづらくなるよなあ……」とかいった事を考えてしまって歯切れが悪くなるものですが、サクラはもう気持ちいいくらいストレートに発言してくれますからね。そういうキャラが周知されれば「まあサクラが言った事なので……」と諦めさせる事だってできますし。あのまま人事部に置き続けられれば社内環境はさらに改善されていったかもしれません。サクラも土木部志望なのは変わっていませんが、「人事部で働く事も未来の橋作りにきっと役に立つ」と前向きでしたしね。ただ気になるのは、サクラの気付かないところで各部署の人間から嫌われていく事になっていき、念願の土木部に入れた時にはもう何もできなくなっていた……なんて展開もありそうな事です。サクラ自身は人事としてあちこち回りながら「同じ会社の仲間の事がよく分かった」と言っていましたけどね。この先どんどん心身に傷を負っていきそうなサクラが心配です。

有能なイメージの無能な上司はいつも野放し。

まだ、スマートフォンが普及していない時代の話ではありますが、既にパワハラというハラスメントという言葉はあったはずで、上司からの圧力によって無理難題をこなさなければならないサラリーマンの悲しい側面がよく出ていたと感じる内容でした。
強烈なパワハラ言葉を簡単に放つ上司の必ず言うのが「お前のためを思っているから強く言う」という所はどこの業界でも同じようで、この言葉を使う人は無能なのかもしれないなと思いました。
初回放送で研修を受けるための班分けで一緒になったサクラに対して仲間とは思っていないという発言が、菊夫の身に起こった出来事でサクラを含む4人の行動に現れていた所が興味深く感じられ、今後はどのように変わっていくのか楽しみになりました。

桜が同僚を救う!

同僚が悩んでいる中で、桜のような心強い味方が言えば、どんな仕事でも頑張れるのではないかと思いました。

このドラマでも実際に同僚が自分の気持ちを上司に伝え前向きに頑張ることができていました。とても素晴らしい展開だと思います。
それにしても、むかつく上司に対して、何か罰を施してほしいです。桜が、上司に対してその香水がキツイと言った時はもっと言ってしまえ!も思いました。

また相変わらずの桜のキャラクターと、時々見せる笑顔は、とても可愛く思いますし、ドラマのキャラクターとしては今後もかなり期待できそうです。
これからも誰よりもマイペースな桜の言動と、同僚たちの仕事やプライベートでの展開が色々と気になります。見所満載のドラマです。

さくらの空気の読めなさが菊夫を救う

今話の菊夫の過労・パワハラ問題はものすごくリアルな内容だったんじゃないかなと思いました。
菊夫のように優しくて真面目な人間ほど、あんなふうに頑張りすぎて心や身体が壊れてしまうんだろうなと見ていてとても胸が痛かったです。
とにかく桑原が最低すぎて腹が立ちまくりました。
みんなから厄介者として恐れられている桑原にも全くひるむことなく物申したさくらはさすがだなと感じました。
そのおかげで菊夫は自分の本当の意見を桑原に言うことができ、成長できたんだと思います。
桑原が営業から異動になったのは本当に嬉しかったです。
だけも、まさか異動先が土木だなんてかなりショックでした。
俺の目が黒いうちはお前を土木に入れないなんて宣言もされてしまったし、さくらの夢はどうなるんだろうかと心配です。