ミス・ジコチョー(1話)の見放題・見逃し配信動画【無料版】

動画配信情報

1話の見放題配信(全話無料)

各動画配信サービスはお試し期間があり、この期間を利用すると無料で見放題できます。期間内に解約すれば、一切お金はかかりません。

U-NEXTは31日間無料で利用可能!

  1. 無料お試し期間は31日間。
  2. 期間内に解約すれば一切お金はかからない。
  3. NHK特典のお試し入会で1,000円分のポイントが貰える。
  4. 約100種の電子雑誌を読み放題できる

だから、今ならU-NEXTのお試し入会はかなりお得になっていますよ♪

U-NEXT
無料見放題はコチラ

1話の見逃し配信(10月25日まで)

見逃し配信サービスは無料視聴できますが、「放送から1周間以内」「視聴中のCMが多い」というデメリットもあります。

作品概要

ジャンル ミステリー、エンターテイメント
放送局 NHK
放送日 2019年10月18日(金)

あらすじ

皆さん失敗をした事ない人間はいない。そんな失敗について原因追及と再発防止を考える失敗学を立ち上げた天才教授が主人公松雪泰子さんを主人公にしたドラマ。

天才が故の我儘な主人公が、空気が読めない事は明白で、失敗が大好物なので失敗に目を輝かせて相手を怒らせる事は日常茶飯事。

しかし天才なだけあり古今東西様々な失敗についてのデーターベースが蓄積されているので天才的な発想で問題を解決していくミステリーエンターテインメントなドラマ。

主人公だけではなく、助手役では堀井新太さんや高橋メアリージュンさんが出演されている豪華なドラマ。 母親役には余貴美子さんというベテランも出演されているので面白い事は間違いない全10話のドラマ。

スタッフ

  • 原作:ドラマ
  • 作者:八津弘幸、徳尾浩司、吉田真侑子
  • 音楽:眞鍋昭大

キャスト

  • 松雪泰子
  • 堀井新太
  • 須藤理彩
  • 高橋メアリージュン
  • 余貴美子
  • 寺脇康文

松雪泰子

松雪泰子さんと言えば、クールビューティーと言われる美女。妖艶な大人の色気に抜群の演技力が魅力のトップ女優ですが、今回は我儘な大学教授を演じるという事でハマリ役。 数々の作品に出演されている実績は間違ない。

一世を風靡したフラガールや、大人気ドラマから映画になった容疑者Xの献身では見事な演技力を披露した。

比較的に強い女性を演じる事が多い、松雪泰子さんですが、先日終了したドラマのサイン -法医学者 柚木貴志の事件では、Sキャラな女性刑事を見事に演じきった。

今回のドラマの我儘な大学教授は正にそのままのイメージでいけると思うので、今回のドラマの世界観にぴったり。

堀井新太

今、注目の勢いある若手俳優の堀井新太さんを皆さんはご存じでしょうか、最近ではドラマや映画に出てくる若手の役でいい味だしていると思える人物。

最近のドラマでは、リーガル・ハート ?いのちの再建弁護士?で主人公の助手役として出演されていましたが、見事に助手役を演じていた。 今回のドラマでも、助手役という事で間違いなくハマリ役である事は間違いない。

見た目もイケメンでフレッシュな堀井さんですが、まさに体当たりな助手役を演じてくれるはず。出演作品も多く大河ドラマ西郷どんや花燃ゆにも出演したNHKにも認められている若手俳優。

今後の活躍も期待して演技に注目してチェックしておいて間違いない。

須藤理彩

みなさんご存じの方は多いと思う、有名女優さん。 抜群の演技力と数多くの作品に出演されている事から安定感がある演技を期待できる。

1997年のガラスの仮面に出演されてから、20年以上ドラマや映画に多数出演されているので人気が高い事は間違いありませんが、特にNHK大河ドラマ利家とまつ?加賀百万石物語?に出演されていた時の演技力は抜群。

今回は主人公の秘書役という非常に重要な役柄に挑戦されていますが、キャスティングに間違いない。 最近では1話だけのゲスト出演が多くなっていますが、今回は毎回出演されるレギュラー出演なので期待。 松雪泰子さんと須藤理彩さんの演技でドラマに集中できる。

1話の感想・考察(ネタバレ)

化学が分からなくても楽しめる

「失敗学」という耳慣れない分野に興味があって視聴したのですが、予想外に面白かったです。真奈子の自由なキャラクターも気持ちよかったですし、サクサクと真相を解明していく感じもよかったです。短い時間の中に凝縮されていると言った感じで、伏線の回収などの手抜きもなくて見応えもありました。化学の分野は全く無知なのですが、事故が起こった原因がちゃんと分かって、終わった後にスッキリします。事件の日と同じ環境で実験するために、自分から台風の発生した場所に出向くなどぶっ飛んでいますが、それがまた真奈子のキャラクターを表していてよかったです。「私失敗しちゃった」と言う決めゼリフ?も出てきて、思わず笑ってしまいました。

科捜研の女とガリレオみたいな印象

ある雨風の天候の夜に工場の爆破前に見た、被害にあった男性の証言は、「白い鳥が、穴をあけた・・・」と。これが意味するものを探しあてたのは、ジコチョーこと、天ノ真奈子教授。人の失敗が大好きな風変りな大学教授。彼女は隣に隣接するガスボンベが暴発し、そのはずみで倉庫にかけてある竹竿が一緒になって工場へ向かって飛んでしまい、今回の工場の爆破につながったと分析。理論を証拠として固めるため、彼女は大胆にも研究室の費用を用いて、南国の台風地域の場所で実験を決行。予想通りの飛距離のでる実験は得られなかったものの、事件は失敗にはおわらなかった。おそらく白い鳥とは、竹竿と暴発したガスボンベが合体したものに間違いない。そして工場に直接激突したとのではなく、工場から少し離れた非常用電源の装置近くで爆破が起きたのだろう、と天ノは結論づける。どの学者からも異論なし。爆破したガスボンベ会社のずさんな管理体制によって生まれた悲劇の事故であった、ということが今回の惨事の結果だったということである。
もう1つは、天ノ教授がひそかにしているタイムマシーンの制作。この資料をたまたま、助手が見つけてしまい、3つの年月日を見て新ためて驚く。そう、その年月日は世界で起こった原発事故を指しているものだった。
初回にしては、かなりぶっとんだ思考と解決経路、そしてどうして爆破事故とタイムマシーンを同時並行でドラマで出してきたのか。ちょっと無理やり感がありました。でも見ていてドキドキしないのは、ガリレオや科捜研の女のような、殺人という事件がないからだと思います。あくまでの取り扱っている題材は事故。ありえない事故が起こっていることがテーマなのですが、今回の事故は実生活からかけ離れているだけに、イメージしにくい上に総評や感想も述べにくい内容でした。次回を期待。

正に天才の閃き

タイトル通り正に天才だと思ったのが最初の感想になります。
化学工場の爆発事故の事故調査委員会のメンバーの中でも圧倒的に異才はなっていたのが凄かったですが正に我が道を行くといった感想を持ちました。
水上という社員のヒューマンエラーだと思われたのをガスボンベが空を飛ぶという正に常人には思いつかない発想をしたのが驚きました。
検証実験にノーベル賞候補の学者が集まるのは少し出来すぎな気もしましたが、天才とは発想が柔らかというかすぐに、配管を破損したと方向性を変えた事には驚きました。
最後は利益追求の為に保守機材の整備をしていないとい人災まで言い当てたのは天才すぎると思いました。
最後にタイムマシーンを本気作って欲しいと思いました。
世界で起きた原発事故の日を目標にしている事からドラマの最終回では是非タイムマシーンが出来上がる事を期待したいです。

美しく上品な天ノ真奈子は失敗学を研究する変わり者です。

天才であるがゆえに地位や名誉にお金よりも興味が引かれてしまう事に冒頭する工学博士が動き回る物語は今までにも数多くありましたが、失敗した事に注目して動き出してしまうという展開を多様性と女性活躍が叫ばれる世の中を象徴したように女性の天ノ真奈子を中心に、スタッフも女性が多く、男性は助手の野津田だけという設定が令和にぴったりだなと思います。
天ノ真奈子が上品に華麗に動きつつ調べるためには本当のように過去の事故に着色を施し言いくるめてしまうのが可笑しく、実験が大がかりなのはこういった物語の定番で現実ではあり得ないもののそこが魅力的で、自己責任という責任を個人に押し付ける世の中に企業の問題点には数多くの小さなミスが積み重なっていると示す所は素晴らしく、重大な事件を扱っている物語ながら爽やかな雰囲気を保ちながら進む所に斬新さを感じました。

インパクトが少し足りなかった

松雪泰子が主演天ノ真奈子を演じていて、型破りで自己中心的な役ということでしたがもう一つ突き抜ける役でも無かったかなと思いました。助手をこき使うといっても片づけさせたり踊らせたりする位でちょっと優しいかなと感じました。天ノ真奈子の「私失敗しちゃった」も私は失敗しないんでの逆で使っていくのは知らないですが、あんまり流行らないかなぁと思ってしまいました。ただ事故調査に関しては見ていてしっかりしてるなぁと感じたんでドラマとしてはちゃんとしてるなぁとは感じました難しかったですが内容は。松雪泰子のしっとりした演技も聞きやすくて良かったし役的に自己中心的で自分勝手な役には似合わなかったかなと思いました。まだまだ初回なんで決めつけないでまた次回見てみたいです。